ボリューミーな函館の「生うに」など日本橋三越本店に「食の北海道フェア」がやってくる!

写真拡大 (全3枚)


日本橋三越本店は、6月1日(水)〜6日(月)の期間、本館7階催物会場にて「食の北海道フェア」を開催する。

うにをはじめとする海の幸、アスパラガスなどの山の幸、定番スウィーツのほか、北海道新幹線開通を記念して函館から初登場のショップもお目見えするそう。

同フェアでは、直送イキイキという表現が合う“うに加工会社直営”ならではの「うに」が登場。濃厚なうまみは一度食べたら忘れられない?〈函館 うに むらかみ〉の「生うに木箱入」は60g2700円。


イートインには特製塩ラーメンが登場。丸鶏と南茅部産昆布をふんだんに使い、コクがあるのにあっさりとしている。北海道産アスパラガスと青森県産焼豚がアクセント。〈函館麺や一文字〉の「一文字流青函塩ラーメン」は1杯864円(各日50食)だ。


そのほか、〈三栄アグリ〉の「アスパラガス」や〈プティ・メルヴィーユ〉の「函館メルチーズ(北海道新幹線パッケージ)」、〈ブーランジェリー ポーム〉の「香り豊かな春ごぼうパン」「もちもちコーンパン」も見逃せない!

フェアの時間帯は10:30〜19:30でイートインのラストオーダーは19:00(最終日のみ18:30)となっている。 

北海道からたくさん来た“北の幸”を堪能してみて!