「Q3に進出できたのは、よいことだよ。でも、僕らが目指しているのはここじゃないし、優勝に向けての一歩でしかない。まだまだ、先は長いんだ。それが早くやってくることを願いたいね」

 5月中旬に行なわれた、バルセロナでのスペインGP――。マクラーレン・ホンダにとって初めての予選Q3進出を果たし、そうは言いながらも冗談を交えながら上機嫌なフェルナンド・アロンソに対し、土曜夕方の記者会見『Meet The Team』に出席したジェンソン・バトンの表情は冴えなかった。

 それは、自身がQ3進出を果たせなかったから、というだけではない。バトンの胸中には、すっきりとしないものがあったからだ。

 この週末、ふたりのマシンには異なるフロントウイングが装着されていた。アロンソ車には従来と同じもの、バトン車にはウイング上部にもう1枚フィンが加わり、フラップもより複雑に切り欠きが加わった新型。理由は、新型フロントウイングがひとつしか間に合わせられなかったからだ。

 マクラーレン・ホンダはヨーロッパラウンドの開幕となるスペインGPに、フロントウイング、フロントのブレーキダクトとブレーキカバーなど大型のアップデートを持ち込んできた。アップデートを持ち込んでいるのは多くのライバルチームも同様で、ここでマシンを進化させられなければ、それは後退を意味してしまうからだ。

 しかし、フロントウイングはひとつしか間に合わず、しかもそれを使わなかったアロンソのほうが予選で上位にいくという結果。つまり、アップデートが期待どおりの効果を発揮したとは言えなかったのだ。

「Q3進出」という結果に目を奪われがちだが、バトンが微妙な表情を崩さなかったのはそのせいだった。

「(低速の)最終セクターでは3番目に速いマシンで、僕らより速いのは、メルセデスAMGとレッドブルだけだった。ロシアでも、同じくストレートの少ない最終セクターではコンペティティブ(競争的がある状態)だった。車体性能でフェラーリやウイリアムズ、フォースインディアなどの前に立てたことは、多くの人にとっては驚きだったかもしれないけど、僕らにとってはそうでもなかったよ」

 アロンソはそう言って、車体性能のよさと、暗にホンダ製パワーユニットのパワー不足が予選10位にとどまっている原因であることを示した。

 別の場所では、スポーティング・ディレクターのエリック・ブリエも、「去年、我々のマシンは3番手だった」と述べたという。

 ホンダの長谷川祐介F1総責任者は現状について、「そう思いますよ。我々もパワーが足りていないということに対して、異論はありません」と認める。

 しかし、ホンダと同等か、それ以上に非力なルノー製パワーユニットを搭載するレッドブルがセクター1やセクター2でもマシンとして2〜3番手につける好走を見せ、同じパワーユニットを搭載する本家ルノーはマクラーレン・ホンダよりも下位に沈んでいる現状を見れば、車体性能がよいと訴えることも、パワーユニットだけに責任をなすりつけることも、説得力がなくなってしまう。

 コーナーからの立ち上がり加速が鈍いのは、一見するとパワー不足のようにも見えるが、実際にはスロットルを100%全開にするタイミングが遅いせいだ。

「はっきり言ってしまうと、そこは車体ですよね。出口で踏めないのは、エンジンのせいじゃないと思いますから(苦笑)。レッドブルと比べると、あちらは圧倒的に立ち上がりが速いとドライバーも話していました。今回のレースでは(追い抜きのためには)立ち上がりの加速がカギだったと思います。パワーで最高速が稼げていれば、そのぶん挽回できたわけですが......」

 パワーユニット側は、ロシアGPに引き続き"予選モード"を常に使う攻めの姿勢を、このスペインGPでも貫いた。というよりも、ロシアGP以前は安全マージンを取り過ぎていた、とも言える。

「(レースで普通に使っているので)もはや"予選モード"ではなくて、"フルパワーモード"ですけど(笑)、当然その価値があったと思います。ただしこのサーキットでは、全開出力よりも立ち上がりのトラクションが足りなかったのがパフォーマンスの差につながったかなと思います」(長谷川総責任者)

 車体の進化にも疑問符がつくが、ホンダの開発にもやや遅れが出ているようだ。

 本来ならば、パワーユニットの寿命による載せ替えのタイミングでアップデートしたものを投入するのが効率的で、当初は第5戦・スペインGPがそのタイミングになるはずだった。時間がかかるICE(内燃機関エンジン)のアップデートは第7戦・カナダGPを目指し、それ以外はスペインGP、または翌週のインシーズンテストを目標に開発が進められてきた。

 しかし、いずれも遅れが生じ、計画どおりには開発は進んでいない。出力向上の本丸であるICEのアップデートも、「このままではカナダGPへの投入も難しそうだ」と関係者は明かす。

 スペインGP決勝ではバトンが9位入賞を果たしたものの、メルセデスAMGの2台が1周目にリタイアしていなければ入賞圏外に終わっていたことを考えれば、手放しで喜べる結果ではない。

 スタートで出遅れてバトンの後方を走っていたアロンソは、45周目のターン3で失速し、「ノーパワー!」と言ってマシンを止め、グローブを投げ捨てた。地元でのこのレース展開に、アロンソの失望は大きかったのだろう。「ジェンソンを抜くな」というチームからの指示に憤慨しており、レース後のデブリーフィングに出席することなく、サーキットを後にしてしまった。

 あるエンジニアは、「フェルナンドが前に出たとしても、必ずしも速かったとは限らない」という。キミ・ライコネンが最後までマックス・フェルスタッペンを抜けなかったように、バルセロナでオーバーテイクは不可能に近かったからだ。

 アロンソがリタイアした原因は、ステアリング上のボタンでエンジンオイルをサブタンクからメインタンクへと移す操作をしたところ、制御システムがエラーを起こし、パワーユニットにダメージを与えないよう自動的に停止したのだという。

 オイル移送の操作自体は、どのレースでも決勝中に一度か二度は行なっている操作であり、スペインGPでもバトンは問題なくこなしている。制御システムのソフトウェアに問題があったのか、ステアリング上のボタンに間違ったプログラムが割り当てられてしまっていたのか、それともドライバー自身が操作を誤ったのか......。

 ホンダ関係者は「詳しい原因はわかっている」というが、長谷川総責任者も語った「最終的にエンジンに来た指令が『止めろ』というものになってしまったシステムエラー」という以上のことは明かそうとしなかった。

 次のモナコGPは、シーズンでもっとも低速のサーキット。レッドブルが「我々にとって勝てるチャンスがもっとも大きい」(クリスチャン・ホーナー代表)と言うのと同じように、パワーユニットの出力不足という現状が変わらないマクラーレン・ホンダにとっても、上位浮上のチャンスは大きい。

「次は2台揃ってQ3進出、そしてダブル入賞を目指したい」

 長谷川総責任者が語る目標は、達成できるのか――。そのためには、対外的なアピールに腐心したり、責任をなすりつけ合っている暇などないはずだ。

米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki