専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第56回

 以前から思っていたのですが、ゴルフのスコアと大学の偏差値って似ていませんか?

 ゴルフは、100〜70ぐらいの間でスコアが右往左往するし、大学入試においてはこれまた、偏差値40〜70ぐらいの間で四苦八苦するし......。そう思うと、そうした上下差20〜30ある数字の中に、人間ひとりひとりの人生がなんとなく凝縮されているような気がしてならないのです。

 長い人生において、最初に受ける"数字の洗礼"は、偏差値です。中学校や高校の入試でも偏差値はありますから、我々は幼い頃からそれに慣れ親しんでいます。

 そして、大学の偏差値となると全国レベルで競い、卒業後もその偏差値を背負うことになります。頂点の東大、京大、そして一橋、早慶、上智、ICUなどと続き、さらに「MARCH(明治、青学、立教、中央、法政)」などがあって、我が母校・明治学院大学がそれらの後塵を拝しって......う〜ん、さすがに地味ですね。

 ともあれ、大学の偏差値などにとらわれないで、「自ら進運を開拓すべし」(母校・石巻高校の校訓)の精神にのっとり、フリーの文筆業を始めると、絶好のタイミングでバブル景気到来! 調子こいて始めた、ゴルフにはまりました。

"100切り"はなんとか達成し、「目指せ、シングル!」と突き進みましたが、ハンデキャップ「12」で挫折。シングルまではハンデ3つ届かず......。これって、早慶、上智を目指したものの、それは無理だから、せめて「MARCH」に入りたいと思っていたのに明学だったという、自分の大学偏差値と酷似しています。

 しかもハンデ「12」は、ベストな状態での数字です。今じゃ、大学中退レベルまで落ちてしまいました。つまるところ、自分のゴルフ人生は平均スコア「89」あたりを右往左往し、ハンデ「1」か「2」を縮めるのに血眼になっていた――そんな気がしてなりません。

 あれだけ偏差値社会を嫌っていた自分が、全人格と腕前をハンデキャップに集約されるゴルフにはまろうとは......、甚だ驚きでした。

 さて、この"ハンデ無間地獄"からどう抜け出しましょうか。現在は、倶楽部のメンバーに入っていませんから、ハンデの出しようもありませんけど......。

 まあ、一番は何をもってして自分が満足するか、でしょうかね。

 この5月の連休、私は毎年恒例の北海道ツアーを敢行。北海道クラシックゴルフクラブでは「92」、北海道ゴルフ倶楽部・イーグルコースが「90」というスコアでした。どちらも難しいコースなので、そのスコアで大満足です。

 実は、北海道の雄大な名門コースをラウンドするにあたり、事前に練習を3回ぐらいやりました。せっかく手間暇かけてプレーするなら、後悔のないようにラウンドしようと思ったのです。

 不調だったドライバーは、曲がらないけど飛ばない昔のモノに戻し、アプローチウェッジも『フォーティーン』の53度に戻して、それぞれ練習を繰り返しました。結果、なかなかのスコアを達成できたので、ドライバーとアプローチウェッジは見事期待に応えてくれたと思います。

 北海道クラシックGCで「92」と言いますけど、7人で行ったツアーの中ではベスグロです。いかにそこが難しいか、です。ゴルフの偏差値を自分で高めようと思ったら、自分のベストを尽くしてがんばれ、それがコースに対する礼儀だと思います。

 また、北海道ゴルフ倶楽部では、実は最後のパットが入っていれば、「89」と栄光の80台でした。カップまで3m。打ったボールはラインに乗っていたのですが、カップ寸前で止まってしまいました。あと2〜3cm転がってくれれば......。でも、85点ぐらいの満足感でいっぱいです。

 そして今回、スコアよりも大事にしたいと思ったのは、印象として残る風景です。例えば、北海道クラシックGCの、クラブハウスのテラスから眺める景色。池がらみのコースの、なんと美しいことか。ここでラウンドするために、メンバーになる人の気持ちがよくわかります。

 一方、北海道ゴルフ倶楽部も素晴らしかったです。イーグルコースの最終18番は池越えのミドルホールなんですが、大きな池越しに見る、ホワイトハウスみたいなクラブハウスの荘厳さ。これもまた、絶景でしたね。

 結局、スコア重視は"現実派"の人生で、調子がよければ、それはそれで結構でしょう。しかし、ピークを過ぎた自分としては、"印象派"としての道も歩んでみたいな、と。つまり、スコアやハンデに縛られることなく、感動や思い出を胸に秘めてラウンドするのも大事かと。

「あなた、平均スコアはいくつ?」「ハンデは?」って、もはや数字のみでゴルフを量られたくないんです。それって、マイナンバー制度みたいで、人間味がないですからね。


木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa