5月19日、日本トライアスロン連合(JTU)が都内で記者会見を開き、リオ五輪を戦う日本代表候補選手を発表した。候補とあるが、事実上の代表決定。3つの出場枠を得た女子選手のなかで最年長、32歳で選出された上田藍(ペリエ・グリーンタワー・ブリヂストン・稲毛インター)は、自身3度目となる五輪への抱負をこう宣言した。

「リオでは金メダルを取ります」

 現実を見れば、トライアスロンが2000年のシドニー五輪で正式種目となってから、日本人選手は金メダルどころか表彰台にすら手が届いていない。今回JTUが掲げる目標も「8位入賞」。しかし、上田のリオに向けての仕上がり具合を見ると、「日本人初の優勝」も絵空事ではないように思えてくる。

 昨年9月にシカゴで行なわれた世界トライアスロンシリーズ(WTS)グランドファイナルで、順位は8位ながら得意とするランの自己ベスト、33分51をマーク。今月のWTS横浜大会では、見事に3位表彰台を獲得している。この横浜のレースが、ロンドン後の4年でベストレースだったと上田は振り返る。

「今までは、スイムで開いた差をバイクの後半で埋める展開が多かったんです。最後のランに向けてほかの選手の足がどれだけ残っているか、調子のいい選手の顔色はどうかというのをチェックするのが難しかったんですけど、横浜ではそれを見ることができました。五輪直前の大会で表彰台に上れたのが、一歩ずつ階段を登ってきた充実感になっています」

 成長の支えとなったのは、4年前のロンドン五輪で味わった悔しさだ。38位と不本意な成績に終わったことを引きずらず、イメージトレーニングとして2006年から目標を書き続けている「感謝ノート」に「リオで金メダルが取れました。ありがとうございました」と毎日欠かさずに書いてモチベーションを高めていった。

「メダルを取りたい」と思うだけでは勝てないことにも気づかされた。ノートには目標だけでなく、練習やレースで感じたことを1ページにびっしりと書き、どうやったら勝てるのかを具体的に考えることで戦略の幅を広げた。

 ノートに記される内容に後ろ向きな言葉はない。たとえレースの結果が悪かったときでも、上田にはそれをポジティブな要素に変える「スイッチ」がある。

「勝てなかったのには何かしらの理由があるということ。それを分析して課題を見つけると、『自分はまだ未完成なんだ』と安心するんです。それをクリアしていけば、常に成長し続けられるということですからね。

 課題をクリアするのは簡単じゃありませんが、苦しいことを乗り越えた分だけ、レースで自分をプッシュできる力になる。だから、練習で苦しくなるほど『キタキタ』ってなりますね。完全にドMの世界ですけど、自分に鞭を打つSな部分もあって(笑)。こういうことを言えるのも、自分がベテランになったからかなと思います」

 中学では水泳部、高校では陸上部で練習に明け暮れる日々を送り、その後トライアスロンに出会ってから今年で14年目を迎える上田。代表チームでは、ともに代表に選ばれた29歳の加藤友里恵(ペリエ・グリーンタワー・稲毛インター)、24歳の佐藤優香(トーシンパートナーズ・NTT東日本・NTT西日本・チームケンズ)のけん引役としても期待されている。

「過去2回の五輪出場で感じた、大会に向けて仕上げていく難しさや、メダリストが勝てた理由などを伝えたいですね。2人とは普段からメールのやりとりなどもフランクにしていますし、不安なことがあればすぐに相談してほしいです。

 でも、口を出しすぎると自分で考える機会を奪ってしまうことになりますから、基本は行動で示すようにしたいと思っています。常に笑顔でタフな練習を続ける姿を見てもらうことで、2人に刺激を与えられたらいいですね」

 チーム力の強化は個人成績を上げるカギにもなる。ひとりでこなす印象が強いトライアスロンだが、位置取りや風よけ、ペース配分など、選手同士でいかに共闘するかも重要な戦略となるからだ。

 日本の女子の出場枠は3つ。それを最大限に活用するため、上田は陸上からトライアスロンに転向してまだ4年と日が浅い加藤のコーチのような存在となり、特にバイクの能力向上に努めている。

「加藤選手はレース中に落車に巻き込まれることも多かった。でも、私の後ろにいれば安全だということが分かって、『上田さんがいると安心』とも言ってくれています。どこまで一緒に走るのか、差がついていた場合はどの外国人選手をマークしたらいいかなど、佐藤選手も含めて本番までに細かいところを詰めていきたいです」

 ここからの約3ヵ月、日本人選手たちはレースを転戦しながら長野やオーストリアで合宿を重ね、リオに向けての最終調整に入る。練習で重視するのは「坂」だという。

「体格の大きい外国の選手は、バイクやランで坂を登るのを苦手とする選手が多い。リオは坂のあるコースなので、体格で劣る日本人選手、特に155cmの私にとっては大きなアドバンテージになります。先頭集団に追いつくだけではなくて、そこから逃げる展開に持っていきたいですね」

 コースにも恵まれ、順調な仕上がりを見せる上田だが、油断や慢心は微塵もない。最後に表情を引き締め、力を込めて言った。

「まだまだやれることはたくさんある。金メダルを取るという目標に恥じないようにしっかり練習して、笑顔でスタートラインに立ちたいと思っています」

 ロンドンから4年間、「感謝ノート」に毎日書き続けてきた「リオで金メダルが取れました。ありがとうございました」という言葉を現実のものにするため、上田のラストスパートが始まる。

和田哲也●文 text by Wada Tetsuya