25日深夜放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、元大相撲力士でプロレスラーの貴闘力が、現在もギャンブルでの借金返済に追われている生活を告白する場面があった。

番組では「格闘家SP」と題し、貴闘力、元プロボクサーの亀田興毅、プロレスラーの本間朋晃らがゲストで登場し、自らの格闘家生活についてトークを繰り広げていた。

貴闘力は現役時代、自慢の突っ張りを駆使して大いに活躍した。成績優秀な幕内力士が獲得する三賞受賞を通算14回、金星を9個挙げてきたという。現役引退後は、焼肉店を全国展開するなど、実業家としても活躍している。

ここで、力士の金銭事情が話題となった。貴闘力は、現役時代に得たお金をもっぱらギャンブルにつぎ込んでいたそうで、オーストラリアで遊んだ際は7000万勝ったこともあるのだとか。

MCの中居正広がこうした景気のいい話を聞き、ギャンブルでのこれまでおおよその勝ち負けを尋ねた。すると、貴闘力はあっさりした顔で「そりゃ絶対負けてますよ。だって今、お金なくてまだ借金払ってる状態ですから」と、負け越したギャンブルの借金を今なお返済していると明かしたのだった。

この告白を聞くや、スタジオから落胆したような声が上がり、中居も思わず顔をしかめる。貴闘力の話によると、これまでトータルで5億円は負けているそうで、これにはスタジオから悲鳴が響いた。なお、貴闘力は自身の義理の父親である故・大鵬親方の尽力で借金を帳消しにした過去があるが、今回の発言を聞く限り、その後もギャンブルに手を染めていたことになる。

【関連記事】
貴闘力がギャンブルで儲けた最高額を明かす「一発で5〜6千万円」
関根勤の厳しい一言にギャンブル依存症だった貴闘力が絶句
琴奨菊の結婚披露宴をデヴィ夫人がレポート「組長の元妻の姿があった」