中国メディア・捜狐は19日、長きにわたり「安くて低品質」のレッテルを張られ続けてきた中国の国産自動車ブランドに変化の兆しが見えはじめたとし、国産ブランドの質がさらに向上すれば国内消費者の目も自然と向いてくるとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・捜狐は19日、長きにわたり「安くて低品質」のレッテルを張られ続けてきた中国の国産自動車ブランドに変化の兆しが見えはじめたとし、国産ブランドの質がさらに向上すれば国内消費者の目も自然と向いてくるとする記事を掲載した。

 記事は、ローエンド路線からスタートした中国メーカーが、「低価格低品質」のイメージをすっかり消費者に持たれてしまっており、イメージを変えることが難しくなっていると説明。その一方で、「喜ばしいことに1年あまり前に発売した、吉利の『博瑞』がその歴史を変えた」とし、今年第1四半期の中型セダン市場において「博瑞」が販売数トップ10に入ったことを紹介した。また、上海汽車や東風などの自動車も高級セダン市場に殴り込みをかけていると伝えた。

 そのうえで、「博瑞」がこれまで中国ブランドの入り込む余地のなかった中高級車市場で成功を納めたのは、単に見た目の良さだけではなく技術的な部分でも優位性を確保できたからであると解説。中国車がブランド力のある外資系自動車に対抗するには、製品においてさらなる高みを目指す必要があると論じた。

 記事はまた、中国車に対して消費者が抱いている偏見も問題視している。偏見により、同じ品質の問題が発生した場合でも、合弁ブランドよりも国産ブランドに対して厳しい評価が下されると説明。日本での「爆買い」ニュースを見て、「外国かぶれ」と認識すること、中国経済が緩やかな成長段階に入ったのを見て「中国の消費者に購買力はない」と認識することは断片的な誤った解釈であるとするとともに、合弁企業の自動車を購入しても「外国かぶれ」と見なすべきではないと主張した。

 そして、「みんなそれぞれ愛国心を持っている。しかし、手元のお金は苦労して稼いだもの。使う時には思案して当然だ。もし中国メーカーが中高級車市場で製品を出して、技術の質や価格で合弁メーカーと肩を並べるならば、消費者には国産車を買わない理由などないのである」とし、国産車がレベルアップすれば消費者もこれについていくはずであるとの見方を示した。

 まさに記事の指摘する通り、メーカー側は「低価格低品質」のレッテルから脱却する術を考えて実践するとともに、消費者側も凝り固まった「偏見」で国産メーカーを見続けることなく、素直に「良い物」を評価して愛する姿勢を持つことが、これからの中国自動車業界に求められていると言えるだろう。ネガティブなイメージを払拭することは容易いことではないが、そのきっかけは既に見え始めているようだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)