グーグル「スマホで科学実験を楽しむプロジェクト」を開始

写真拡大

グーグルは、スマートフォンの内蔵センサーなどで科学実験ができる「デジタル実験ノート」アプリを公開した。さまざまな実験プロジェクトを紹介し、センサーなどを購入できるサイト「Making & Science」も開始した。

グーグルは、科学実験を助けてくれるAndroid向けアプリケーション「サイエンス・ジャーナル」を公開した。

「グーグル「スマホで科学実験を楽しむプロジェクト」を開始」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルがデジタル版「実験ノート」と説明するこのアプリの紹介ページには、「スマートフォンのセンサーを使うか、外部センサーに接続して、身の回りで実験を始めましょう」と書かれている。アイデアをプロジェクトにまとめ、「結果を予測し、複数の実験のメモを取り、データを収集します。さらに、注釈を付け、結果を考察」するプロセス全体をこのアプリが助けてくれるわけだ。

加速度計、光センサーといったスマートフォンに内蔵されたセンサーや、外部センサーでデータ測定を行うことができる。外部センサーは、グーグルのウェブサイト「Making & Science」で購入可能だ。

Making & Scienceは、いろいろな科学実験について、所要時間や必要なツール、手順などをわかりやすくまとめたサイトだ。たとえば、手づくり風速計の測定などが提案され、使うセンサーなどを簡単に購入できるようになっている。

Making & ScienceのYouTubeチャンネルは、グーグルが資金援助して制作されたさまざまな科学動画も紹介している。

『WIRED』UKはこのアプリケーションを試すため、複数のスタッフに、クローゼットの中で可能な限り大きな声で叫んでもらった。アプリケーションの録音機能を使ったこの「実験」の目的は、叫び声が最も大きい人を知ることだ。

結果は80〜83デシベルだった。実験結果はリアルタイムで見ることができ、数値とグラフが表示される(文末の画像)。なお、アプリケーションの測定性能をテストする場合、ささやき声から口笛、拍手、足踏み、叫び声まで、さまざまな音量を用いた方がよいとグーグルは提案している。

グーグルは夏の終わりまでに、このアプリケーションをオープンソース化する予定だ。