写真提供:マイナビニュース

写真拡大

EMCジャパンは5月25日、都内で記者会見を開き、米ネバダ州ラスベガスにおいて同月2日〜5日まで開催された「EMC WORLD 2016」で発表した戦略、新製品について説明を行った。Software-Defined(ソフトウェア ディファインド)のハイパーコンバージドインフラストラクチャ向けラックスケールシステム「VCE VxRack System 1000 with Neutrino Nodes(ヴイエックスラックシステム1000ウィズニュートリノノード)」や、「Enterprise Copy Data Management(エンタープライズコピーデータマネージメント、以下eCDM)」など、新ソリューションとサービスを発表した。

最初にEMCジャパン 代表取締役社長の大塚俊彦氏は「これからはトラディショナルの環境とクラウドネイティブの環境を両立していくことが大きなキーワードとなる。われわれでは、2つの環境が両立する考え方として『MODERN DATA CENTER(以下、モダンデータセンター)』を提唱しており、柱は高速性を有するフラッシュ、可搬性があるクラウドイネーブルド、拡張性を備えるスケールアウト、自動化を進めるSoftware-Defined、堅牢性、信頼性といったプロテクション&トラストの5つだ。また、モダンデータセンターの構成要素としてはストレージプラットフォーム、コンバージドインフラストラクチャ、クラウドソリューションの3つのレイヤーを揃えている」と述べ、EMC WORLD 2016で発表した戦略、新製品はモダンデータセンターへの変革を支援するものだと今後への期待を示した。

続いてEMCジャパン 執行役員 システムズエンジニアリング本部長の飯塚力哉氏が新ソリューション、サービスについて説明を行った。まずはVCE VxRack System 1000 with Neutrino Nodesについて説明し、2017年に提供開始を予定しており、クラウドネイティブなターンキーIaaSを提供できるように構築されている。

また、OpenStackやVMware Photon Platform、Apache Hadoopをはじめとする複数のクラウドネイティブサービスの基盤になるとともに、EMCが発表した新しい「Native Hybrid Cloud(ネイティブハイブリッドクラウド、以下NHC)」プラットフォームのIaaSオプションの1つとしての役割も果たす。内蔵する自動化機能により、企業はエンタープライズレベルのIaaSを短期間で導入できると同時に、リソースの最初のプロビジョニングも1時間未満で動的に実行することを可能としている。

NHCに加え、スケールアウトNAS「Isilon」のオールフラッシュ製品も2017年の提供開始を予定。前者は「Project NITRO」として進め、性能向上やキャパシティ、コスト低減を図った製品だという。一方、後者はクラウドネイティブなアプリケーションの開発と展開の基盤となる開発者向けのターンキープラットフォームとして提供する。 また、eCDMは2016年第3四半期に提供開始を予定しており、コピーデータの発見や自動化、最適化によりストレージとデータ保護の戦略を刷新することで、コスト削減とプロセスの合理化を実現。エンタープライズソリューションとしてコピーデータのモニタリング、管理、分析を行うことで、異なる層へのデータ格納やデータが不要になった場合などに要する手間を排除するという。

さらに、これまで1ノードで提供していた「DSSD(ディエスエスディ) D5」2台を単一のラックに搭載した「DSSD Dual Rack」を2016年第4四半期に提供開始する。2倍のIOPS、帯域幅、容量を提供するとともに、これまでOracleデータベース向けに最速だったコンバージドソリューションより低いTCO(総所有コスト)と1/3のレイテンシーを実現する新機能となる。

加えて、DSSD Dual Rackと同時期にクラウドストレージプラットフォーム「Virtustream Storage Cloud(ヴァーチャストリームストレージクラウド)」をグローバルで提供開始を予定している。同プラットフォームは、エンタープライズレベルの回復性とパフォーマンスをWebスケールで提供するとしている。

そのほか、クラウドベースのサービスダッシュボード「EMC MyService360(マイサービス360)」とストレージ自動化ソフトウェア「ViPR Controller(ヴァイパーコントローラー) 3.0」は、すでに提供開始している。EMC MyService360は、EMCオンラインサポートに登録しているユーザーは追加費用なしで利用でき、EMCデータセンター環境全体の健全性とステータスについて、分かりやすいリアルタイムの可視性を提供する。ViPR Controller 3.0は、従来型の環境とクラウドネイティブな環境をつなぎ、ビジネスの変革を行うモダンデータセンターへの移行をサポートするという。

(岩井 健太)