「FRISK」クールビズシャツ

写真拡大

もうすぐでジメジメした梅雨の季節。それを過ぎたら酷暑の夏がやってくる。暑さと湿気にうんざりしてしまうこの時期、少しでも爽やかに過ごしたいものだ。

そんな季節にもってこいの、ミントタブレット「FRISK(フリスク)」を食べたときの爽快感を体で感じられる商品が続々と登場している。

吸水速乾のクールビズシャツ

メンズ・レディースファッションシャツの企画・生産・販売を行う山喜(大阪市中央区)は、「『FRISK』クールビズシャツ」を販売している。

生地は綿・ポリエステル混で、スポーツにも適したニット素材「TOYOBO アルティマ」を使用。ストレッチ性や通気性にすぐれ、吸った汗もすぐに乾く。しわになりにくく手入れも簡単だ。

ノーネクタイでもだらしなくならないよう、衿台や下前立てに別柄の生地やテープを施している。前身頃はポロシャツのようなプルオーバー仕様と前開きのシャツ仕様の2種類を揃えている。下前立てやすそ部分に「FRISK」のロゴの一部が刺しゅうされているのもオシャレだ。

全8種類で、サイズはS〜LLまで展開。希望小売価格は4212円(税込)。全国の量販店のほか、公式オンラインショップでも購入できる。

コスメとのコラボは世界初

ドウシシャ(大阪市中央区)からは、世界初の「FRISKコスメ」が登場した。

体のベタつき、汚れ、ニオイをスッキリ爽快に洗い上げるボディソープが「クールタイプ」と「スーパークールタイプ」の2種類(各500mL、想定価格815円)。汗をふきとるフェイシャルシート(50枚入り、369円)とボディシート(大判サイズ30枚入り、369円)。湯上がりに爽快感が残る入浴料(200円)、クールな感触の石けん(500円)の6種類を、2016年5月中旬から販売。全アイテムにメントールやメントール香料を配合している。

日本気象協会のサイト「tenki.jp」では、16年の夏は西日本や沖縄・奄美で気温が平年より高く、東日本でも平年並みか平年より高いと予想されている。FRISKコラボ商品を味方につけ、厳しい暑さを乗り切ろう。