画像

写真拡大 (全3枚)

 DACは、枠売り広告+運用型広告のハイブリッドメディアプランニングを支援する統合プラットフォーム「XmediaOne」を開発した。今夏より、順次サービスを提供していく。

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、枠売り広告+運用型広告のハイブリッドメディアプランニングを支援する統合プラットフォーム「XmediaOne」を開発した。

 同社のメディアプランニング支援システム「AD-Visor NEXT」が持つ約2,000サイト/15,000メニューのメディアデータベースを基に、配信データ/オーディエンスデータと連動したダッシュボード機能等を追加した統合メディアプランニングシステムとして、今夏より、下記の主な機能を順次提供していく。

 従来の広告枠取引に加え、運用型広告の拡大に伴い、オーディエンスデータの重要性がより高まっている。また、広告フォーマットが複雑化することで、広告効果指標も多様化している。このため、企業のデジタルマーケティングにおいては、広告のパフォーマンスをリアルタイムに捕捉し、枠売り広告と運用型広告の予算配分の最適化とPDCAサイクルを効率よく回していくことが必須となる。

 そこでDACは「AD-Visor NEXT」を進化させ、「XmediaOne」を開発した。同社では同プラットフォームを、デジタルマーケティングのハブとして位置づけている。

MarkeZine編集部[著]