「共同住宅」が「Uber」と提携:サンフランシスコ

写真拡大

サンフランシスコの共同住宅複合施設「パークマーセド」はウーバーと提携して、「自動車を持たない生活」を促進する取り組みを発表した。ウーバーと公共交通機関の利用向けに、毎月100ドルが提供されるものだ。

サンフランシスコ州立大学に隣接して広がるタウンホームと共同住宅の複合施設「パークマーセド」(Parkmerced)は、「Uber」と提携して、Car-free Living」(自動車をもたない生活)という取り組みを開始する。自動車をもたない新しい住人に対して、毎月100ドルの交通費補助を行うものだ。

「「共同住宅」が「Uber」と提携:サンフランシスコ」の写真・リンク付きの記事はこちら

住人は、補助のうち30ドル以上をUberの乗車に使わなければならない。家から近くのベイエリア高速鉄道(BART)やサンフランシスコ市営鉄道(Muni)の駅までについては、5ドルの均一料金で移動できる。

100ドルからUber代金を引いた残りの額は、ベイエリアのほぼすべての公共交通機関で使うことができる「クリッパーカード」に自動的にチャージされる。100ドルの補助は、Uberではなくパークマーセドが出しており、賃貸関係がある間(最長2年間)続く。

このプログラムは、普通なら自動車を所有することになる所得者層に、公共交通を利用してもらおうという狙いがある。米国の国勢調査によると、この地区は平均年間所得が90,000ドルを超えている(パークマーセドのアパートメント家賃は毎月2,500ドル程度から)。

パークマーセドを開発するマクシマス・リアル・エステート・パートナーズの創業者、ロブ・ロサニアは声明で、「住人にとっては、マイカーを所有する必要性が減少または解消し、効率的な通勤通学の助けになり、交通費が削減され、駐車場の必要性が最小限になるという直接の利益がある」と述べている。

Uberは同じ声明で、「このプログラムが始まったことで、自動車の所有が普通ではなく例外である未来へとまた1歩前進したことに胸を躍らせている」と述べている。