24日、中国がロシアから輸入する石油の量が大幅に増加していることが分かった。資料写真。

写真拡大

2016年5月24日、央視網によると、中国がロシアから輸入する石油の量が大幅に増加していることが分かった。

中国税関総署のデータによると、4月に中国がロシアから輸入した石油は、前年比52.4%増の481万トンに達した。また、アンゴラからの輸入も同39%増の398万トンとなっている。一方で、石油輸出国機構(OPEC)加盟国のサウジアラビア、イランからの輸入は、同22%、5.1%のマイナスとなっている。

15年末の時点で、ロシアはサウジアラビアに代わって中国最大の石油供給国になった。同時に、ロシア最大の石油輸出先もドイツから中国に変わった。(翻訳・編集/北田)