2.0Lガソリン、2.5L+前後モーターのハイブリッド(E-Four/電気式4WD)を設定する「トヨタ」ブランドのハリアー。

1

トヨタというブランド力や販売力、抜群の知名度と300万円を切るというアッパーミドルクラスのSUVとしては比較的手が届きやすい絶妙の価格設定もあって、2016年に入っても自販連による「新車乗用車販売台数月別ランキング」でも20位前後にランクインし、月販3500台前後で推移しています。

2015年は5000台を超える月もあり、トヨタにとって優等生といえる存在ですが、その勢いもやや収まったといえる頃にさしかかっています。

今回、特別仕様車の「PREMIUM Style ASH(アッシュ)」と「PREMIUM Advanced Package・Style ASH」の2モデルが設定され、6月1日から発売されます。

両仕様ともに上級グレードの「PREMIUM」がベースですが、後者はさらにカタログモデルの「Advanced Package」の装備が追加された豪華仕様。

グレー基調の内装が特徴で、滑らかな風合いのウルトラスエードのシート表皮(メイン材:ライトグレー)と合成皮革(ウォームグレー)のコンビとなる専用シートをはじめ、インパネやドアトリムなどに専用内装色ウォームグレーが採用され、細部にライトグレーのステッチが施されています。

ほかにも、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ブルーの輝きを持たせたヘアライン調加飾のシフトパネルを採用するなど、 ハリアーはスタイリッシュな内装が美点のひとつだけに、気になる方も多いはず。

さらに、装備も充実していて、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング、シート)や前席快適温熱シートなどが特別装備されています。

外観では、ブラック塗装に切削光輝が施された専用18インチアルミホイールを特別装備。ボディカラーには、特別設定色の「ブルーメタリック」を含む全5色を設定。

価格帯はガソリン、ハイブリッドモデルを含めて、「PREMIUM Style ASH」が323万7055円〜413万2473円、「PREMIUM Advanced Package・Style ASH」が379万7673円〜469万2109円。両仕様ともにベース車から約10万円アップとなっています。

(塚田勝弘)

約10万円高は狙い目!? ハリアーに上質なグレー内装の特別仕様車を設定!(http://clicccar.com/2016/05/26/373624/)