今年は孫文生誕150周年にあたり、それを記念するイベントが続く。そんな孫文の銅像を語る上で忘れてはならないのが、孫文の日本人の友人である梅屋庄吉が鋳造した四体の銅像だ。

写真拡大

2016年は孫文(1866−1925年)生誕150周年にあたり、それを記念するイベントが続く。孫文の銅像は中国と台湾、香港、マカオや海外でも多く建てられており、特に香港ではほとんどの大学のキャンパスに銅像がある。そんな孫文の銅像を語る上で忘れてはならないのが、孫文の日本人の友人である梅屋庄吉(1868−1934年)が鋳造した四体の銅像だ。それぞれ広州市の中山大学キャンパスと黄埔軍官学校跡、南京市の中山陵、マカオの国父記念館にある。大公網が伝えた。

中山大学は孫文が1924年に国立広東大学として設立した。梅屋庄吉が銅像のうちの一体をこのキャンパス内に建てたのは当然のことだろう。孫文の銅像は中山大学のキャンパス中央に位置し、大学のシンボルとなっている。この銅像は中年期の孫文の姿をかたどり、長めのコートにスーツを着て、左手を腰に、右手を伸ばして、民衆に向かって演説を行うおなじみのポーズとなっている。銅像は1933年冬に中山大学石碑跡に設置され、その後、1954年春に広州市人民政府が中山記念堂に一時的に移動したのち、1956年11月12日(孫文生誕日)に再び中山大学の新キャンパス(旧・嶺南大学)に移転され、今日に至る。

梅屋庄吉は1895年に香港で孫文と知り合い、その後、孫文の革命運動を資金面で支え続けた。梅屋は孫文の生死を共にする友人として、2人の友情は30年以上続いた。1925年に孫文が亡くなると、梅屋は非常に嘆き悲しんだ。そして孫文を記念して銅像を鋳造し、人々に孫文の理想と革命精神を伝えようと考えた。梅屋は日本の彫刻家牧田祥哉に銅像のデザインを依頼し、篠原金作工場に鋳造を依頼した。1929年、梅屋は自ら第1体目の銅像と共に南京市を訪れ、中央陸軍軍官学校に設置している。中山大学に贈呈されたのは第3体目にあたり、これも梅屋自身が同行し広州に送り届け、現在も中山大学キャンパスの孫文像として安置されている。(提供/人民網日本語版・編集TG)