U-23代表・手倉森監督、初勝利も「常に苦しいゲームをする覚悟が必要」

写真拡大

[5.25 トゥーロン国際大会B組第3節 U-23日本 2-1 U-23ギニア フランス]

 苦しみながらも、ようやく初白星を手に入れた。前半3分にFW富樫敬真(横浜FM)のゴールで先制したU-23日本代表は、同10分に連係ミスを突かれて同点に追い付かれながらも、同39分にMF南野拓実(ザルツブルク)が決勝点を奪って2-1の勝利を収めた。

「決めていれば勝てていたようなゲームを2つ落として、勝った試合でもたくさん点を取れるかと言ったらそうではない」と振り返った手倉森誠監督は、「今、我々はこのレベルにあるということ。それを選手たちは受け止めて、とにかくタフに戦わなければいけない」と足下を見つめた。

「僅差でしか勝たせてくれないというチーム状況だと思うので、これからもタフに、常に苦しいゲームをする覚悟が我々にとっては必要だと思う」

 この試合ではミスが目立ったこともあり、「そこを改善しなければ、結局は苦しみ、結局負けるということになりかねない。教訓にしなければいけない」と話し、27日に行われるイングランド戦へと視線を向けた。


●リオデジャネイロ五輪特集