U-23日本、トゥーロン初白星…富樫&南野弾でギニア下す

写真拡大

[5.25 トゥーロン国際大会B組第3節 U-23日本 2-1 U-23ギニア フランス]

 U-23日本代表は25日、トゥーロン国際大会B組第3節でU-23ギニア代表と対戦。前半3分にFW富樫敬真(横浜FM)で先制したU-23日本は同10分に追い付かれながらも、同39分にMF南野拓実(ザルツブルク)が決勝ゴールを奪って2-1の勝利を収め、今大会初白星を獲得した。

 U-23日本は第2節のポルトガル戦から先発6人を変更。4-2-3-1のシステムを採用してGKに櫛引政敏(清水)、最終ラインは右からファン・ウェルメスケルケン・際(ドルトレヒト)、DF三浦弦太(清水)、DF植田直通(鹿島)、DF三丸拡(鳥栖)、ボランチにMF原川力(川崎F)と喜田拓也(横浜FM)を配置。2列目に右からMF前田直輝(横浜FM)、MF鎌田大地(鳥栖)、南野を並べ、1トップに富樫を据えた。

 2連敗と苦しいスタートを切ったU-23日本だが、前半3分にいきなり先制に成功する。左サイドから三丸が送ったクロスを、ゴール中央に走り込んだ富樫がダイレクトボレーで合わせてスコアを1-0とした。しかし、同10分にはU-23ギニアがセンターサークル付近から送って流れたボールを、際が櫛引に預けようとするが連係ミス。後方から迫ったFWバンガリ・スマーに触れられてゴールに流し込まれてしまい、同点に追い付かれた。

 勝ち越しを狙うU-23日本は前半12分、左サイドを駆け上がった三丸のクロスを富樫がヘッドで合わせるが、枠を捉え切れず。さらに同28分には原川のクロスに対して鎌田がフリーで走り込むも、シュートを合わせることはできなかった。しかし同39分、鎌田のラストパスを受けた南野がPA外から右足シュートでネットを揺らし、再びリードを奪うことに成功した。

 2-1とリードしたまま後半を迎えると、U-23日本は南野に代えてFW浅野拓磨(広島)を1トップに投入して、富樫が左サイドハーフにポジションを移した。後半10分には相手のパスを際がクリアしそこなって右サイドから崩されるが、スマーの至近距離からのシュートを三浦が体を張ってクリアして危機をしのいだ。

 なかなかシュートまで持ち込めないU-23日本は後半12分、富樫に代えてMF野津田岳人(新潟)が左サイドハーフに、際に代えてMF井手口陽介(G大阪)がボランチに入り、喜田が右SBにポジションを移した。さらに同24分には鎌田に代えてMF大島僚太(川崎F)をインサイドハーフに投入して、原川をアンカーに据える4-3-3にシステム変更した。

 後半31分には三浦のパスが相手選手に当たってカウンターを浴びると、スルーパスからFWティエルノ・ディアロにシュートを放たれるも、距離を詰めた櫛引が阻んで同点ゴールを許さず。

 U-23日本は同40分に浅野のヒールパスから最終ラインの裏に抜け出した前田のシュートがゴール左に外れ、同アディショナルタイムには喜田のクロスから放った浅野のダイビングヘッドが相手GKに防がれるなど、追加点こそ奪えなかったものの、U-23ギニアの反撃をしのいで2-1の勝利を収めた。


●リオデジャネイロ五輪特集