24日、韓国経済の成長予測が3.0%から2.6%に下方修正された。写真はウォン。

写真拡大

2016年5月24日、韓国・聯合ニュースによると、韓国開発研究院(KDI)が同日に発表した報告書で、韓国経済の成長予測が3.0%から2.6%に下方修正された。これは昨年の経済成長率と同水準。17年の成長率は2.7%と予測されている。

韓国経済はすでに2〜3%の低成長段階に入っている。KDIに先立ち、国際通貨基金(IMF)と経済協力開発機構(OECD)もそれぞれ韓国の成長率を2.7%に下方修正している。しかし、KDIの予測は大企業の構造調整の影響を反映しておらず、これを考慮した場合、今年と来年の成長は予測をさらに下回る可能性がある。

今年の第1四半期の経済成長率が2.7%だったことを受け、KDIは第2〜4四半期の経済成長率を3.0%、2.4%、2.2%と予測。下半期に低迷するとみている。(翻訳・編集/北田)