#ユニクロ でシンプルが止まらず。オンはワントーン、オフはアスレジャーで過ごす

写真拡大

ファッションの中心は洋服ではなく、各々のライフスタイル。

それぞれのライフシーンに合ったファッションの提案がなされています。そんななか今日開催された、ユニクロの2016年秋冬の発表会。

シンプルでクリーンなスタイルはまだ続く

ユニクロの定番アイテムから、好感度を与えるクリーンなワークスタイル、もはや日常になくてはならないスポーツシーン、リラックスできるホームウエアなどが各ライフシーンで提案されていて、ユニクロの服を着ることで、自分がどうなりたいのかが見えてくる、そんな発表会でした。

そして、同時に行われたファッションショー。まずは、動画をご覧ください。

前半は、スポーツミックスしたモデル。基本はベーシックカラーですが、グリーン × オレンジや、レッド × ブルーなど大胆な色合わせが目立ちました。シューズは、黒のすっきりとしたスニーカーで、日常着でありながら、どこかにスポーティさを出す、といったアスレジャーのスタイルはもはや定番になった感があります。

一方、動画後半に登場するシンプルでミニマムないかにもユニクロのスタイル。アスレジャーの色使いとは逆に、こちらはもう9割が、使う色が1色のみのワントーンでスタイリングされていました。非常にわかりやすい。

つまり、ユニクロの文脈を通していうならば、もうこの秋冬は、「オンはワントーン、オフはアスレジャー」でいこう! ということになります。

シンプルになればなるほど、身体と自身が見えてくるファッションの妙。自分を高めることは、素敵な着こなしにつながります。

ユニクロ

文/ダーシー