24日、RFI中国語版サイトは記事「G7サミットで共通認識は困難、注目はオバマ大統領の広島訪問に」を掲載した。世界的な課題は山積みだ。G7サミットへの期待は大きいが、各国の意見は大きく分岐しており、一致は困難とみられる。

写真拡大

2016年5月24日、RFI中国語版サイトは記事「G7サミットで共通認識は困難、注目はオバマ大統領の広島訪問に」を掲載した。

26日、27日にG7伊勢志摩サミットが開催される。中国経済の減速、原油価格の低迷、英国の欧州連合(EU)離脱問題、中東問題とテロ、難民危機など世界的な課題は山積みだ。G7サミットへの期待は大きいが、各国の意見は大きく分岐しており、一致は困難とみられる。

経済対策一つをとっても議長国の日本は財政出動路線に傾いているが、ドイツは債務削減による財政規律維持を唱えており、意見は真っ向から対立している。サミットでの成果が見込めない中、注目はサミット終了後にオバマ大統領の広島訪問に集まっている。(翻訳・編集/増田聡太郎)