過去5年間に、最も急速な勢いで伸びたのはどの分野か。不動産価格ではないし、「猪八戒」でもない。答えはインターネット消費指数で、13.1倍の伸びを示した。資料写真。

写真拡大

過去5年間に、最も急速な勢いで伸びたのはどの分野か。不動産価格ではないし、「猪八戒」でもない。答えはインターネット消費指数で、13.1倍の伸びを示した。新華社が伝えた。

▽ネット消費エンジンが爆走 「手切」指数も誕生

国家統計局がまとめたデータによると、2011年以降、中国経済の成長モデルは曲がり角に差し掛かり、投資に代わって消費が経済成長を牽引する第一のエンジンになった。2015年に国内総生産(GDP)に対する消費の貢献度は51.6%に達し、ネット消費支出の対GDP貢献度は29.1%だった。

15年の十大流行語の1つ「手切族」は、「ネット通販で盛んにマウスを動かし続け、買い物をやめられず、いっそ手を切り落としてしまいたいと考える人々」を表した言葉だ。アリババ傘下の金融サービス会社・アントフィナンシャルと華夏新供給経済学研究院が共同作成したネット消費指数は、俗に「手切指数」などと呼ばれる。

手切指数は「支付宝」(アリペイ)の利用者4億5千万人のネットショッピング記録を基礎に算出されるもので、2011年1月に始まり、過去5年間の中国ネット消費の伸びの実際の状況を多角的かつ全方位的に示している。

データによると、過去5年間でネット消費規模指数は13.1倍上昇し、上昇ペースは社会消費財小売総額の伸びの2倍以上だった。ネット消費水準指数は11年1月の96.0から16年4月は122.2に上昇し、上昇率は27.2%に達した。

財政部(財務省)財政科学研究所の元所長でもある同研究院の賈康院長は、「ネット消費の安定した急速な成長は、ネット消費が経済成長の安定的運営の(クッションであり安定装置である)バラストになりつつあることを物語る」と話す。

アントフィナンシャルの井賢棟総裁は、「量的ネット消費のツールである手切指数の狙いは、業界や学術界がより急速かつ正確に消費のトレンドを観察するのを助け、業界の布陣を最適化し、ひいては投資を誘導し、消費構造のモデル転換とバージョンアップを助け、中国マクロ経済研究の発展と変革をともに推進することにある」と話す。

▽億単位の消費者は何を買う?サービス型消費が急伸長

過去5年間、億単位のネットユーザーが手を切ろうとしてまで購入する商品にどのような変化があっただろうか。

手切指数によると、ネット消費は実物型消費からサービス型消費へ、生存型消費から発展型消費や享受型消費へとバージョンアップしつつあるという。

データをみると、サービス型消費がネット消費額に占める割合は11年の4.3%から、16年4月は25%に上昇した。過去5年間、飲食や娯楽などのサービス型ネット消費の規模を示す指数は71.2倍上昇し、月平均上昇率は7.0%だった。同じ時期に、実物型ネット消費金融の占める割合は11年の95.7%から16年4月は75%に低下し、5年間の規模の拡大率は「わずか」9.6倍にとどまり、月平均拡大率は3.5%だった。

このうち飲食(オフライン消費)、交通・旅行、教育、生活サービスなどのサービス消費の伸びが最も目立ち、新たな消費の成長源となっている。

ネットの世界には、「(アリババの)馬雲会長の背後には何千万人もの女性がい(て彼のビジネスを支えてい)る」などという言葉があり、女性の手切族の多さを強調している。だが手切指数を分析してみると、少し修正が必要で、「馬雲会長の背後の男性」は実は女性に負けず劣らず、手を切り落とさんばかりに盛んに買い物して、女性よりも買い物にのめり込みやすく、買い物を楽しむ傾向にあることがわかる。

ネット消費の規模をみると、確かに男性は女性に及ばないが、消費構造をみると、男性は文化・オフィス、教育サービス、医療保健などの発展型消費や、スポーツ、娯楽用品、自動車類、文化娯楽、交通・旅行、飲食などの享受型消費で女性を大きく上回る。一方、女性は家庭で使用する頻度の高い生存型消費の支出で男性を上回る。