ホンダ新型「NSX」、米国で量産第一号車を納車!

写真拡大

ホンダは、新型アキュラNSX」の北米仕様車の量産第一号車をラインオフし、お客様に納車したことを発表した。

当サイトでも取り上げたが、第一号車のオーナーとなったのは、2016年1月に行われたBarrett-Jacksonのチャリティーオークションにおいて、120万USドル(約 1億5,000万円!)でその権利を落札したリック・ヘンドリック氏。

落札金額は、米国の2つのチャリティー団体に寄付された。

新型NSXの量産は、専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(以下、PMC)」で行われている。

第一号車のオーナー リック・ヘンドリック氏のコメント

「この素晴らしい新型NSXの第一号車を手にすることと、これを通じてチャリティーに貢献できることは、非常に特別な瞬間であると感じています」

PMC NSX生産プロジェクトリーダー:クレメント・ズソーザ氏のコメント

「今日は、我々PMCにとって大きな夢が実現した日であり、このオハイオで30年以上にわたり培ってきた生産技術や知見の集大成となる日です。NSXのデザインや生産においては、熟練したスキルを持つエキスパートたちが集まり、高いクラフトマンシップによる大きなイノベーションを実現しています」

アメリカン・ホンダモーター副社長アキュラ担当役員:ジョン・イケダ氏のコメント

「新型NSXはAcuraのDNAをまさに体現するモデルです。この夢の商品を他のお客様にも早くお届けしたいと思っており、これを契機として今後もさらにAcuraを発展させていきます」

と述べている。

PMCでは、今回の北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次始まる。

PMCの内部を紹介した記事は当サイトにも掲載したくさんの読者にお読みいただいている。

今回もあらためて以下にご紹介をしておこう。NSXの生産現場の様子をぜひご覧いただきたい。

■ホンダの新型「NSX」、4月下旬より量産開始!その生産拠点(PMC)の情報公開

http://jp.autoblog.com/2016/03/18/honda-nsx-pmc/

■ホンダ 公式サイト

http://www.honda.co.jp/

■アキュラ 公式サイト