25日、韓国初の同性婚訴訟で、裁判所が「現行法の解釈では同性婚を婚姻関係と認めることはできない」との判断を下したことについて、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月25日、韓国・聯合ニュースによると、韓国初の同性婚訴訟で、裁判所は「現行法の解釈では同性婚を婚姻関係と認めることはできない」との判断を下した。

ソウル西部地方裁判所は同日、キム・チョグァンスさん(51)とキム・スンファン(32)さんが婚姻届を受理するよう求めて起こした訴訟について、「棄却決定を出した」と明らかにした。

棄却決定を出した理由について、裁判所は「現行法の一般的な解釈では、婚姻は『男女間の結合』を指すものと考えられる。婚姻を『2人の愛情を基にした一生の共同生活を目的とする結合』と解釈することはできない」と説明した。その上で、「時代的、社会的、国際的に婚姻制度をめぐる事情が変わったとしても、別途の立法的措置がない限り、法の解釈だけで『同性間の結合』を『婚姻』と認めることはできない」と述べた。さらに、「同性間の結合を男女間の結合と本質的に同じと見ることはできない」とし、「同性間の結合を婚姻と認めるかについての問題は、一般国民の公聴会などでの意見収集、慎重な討論、熟考を重ねた上で国会が決める問題」と明らかにした。

キムさんらは2013年12月、ソウルの西大門区庁が婚姻届けを受理しなかったことに対し、「現行法上、同性間の婚姻は禁止されていない」と主張し、不服申し立てをした。

これについて、韓国のネットユーザーからの意見は裁判所の判断に賛成するものが多く、「韓国の法曹界が正しい価値観を持っていてよかった」「なぜ伝統的な価値観を変えようとする?」「当然の結果だ。無理に合理化させようとせず、好きな者同士で幸せに暮らせばいい」「同性婚を認めてほしければ米国で暮らして。韓国では絶対に認めてほしくない」「選択は自由だから彼らを批判することはできないが、絶対に合法化してはならない」「今は人間の幸せや自由を追求する時代。それでも越えてはいけない線がある」などのコメントが寄せられた。

一方で、「韓国はまだまだ先進国になれないと感じた」「自分と違う人を認められない韓国人。自分に害を与えるわけでもないのに、自分と違う存在を認めることがそんなに難しい?」とのコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)