首位スタートを決めた井芹(写真提供:日本女子プロゴルフ協会)

写真拡大

<ダイクレレディースカップ 初日◇25日◇呉カントリークラブ(6,280ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー下部ステップ・アップ・ツアー「ダイクレレディースカップ」(賞金総額1,500万円、優勝賞金270万円)が広島県にある呉カントリークラブで開幕。大会初日は6バーディ・ノーボギーの“66”をマークした井芹美保子が6アンダーで単独トップに立った。1打差の2位に小林咲里奈、さらに1打差の3位に永井奈都、3アンダーの4位タイグループには、佐々木慶子、小宮満莉花、池内絵梨藻、園田絵里子の4名が続いている。
特選写真を毎週更新中!トーナメント女子プロ写真館
 井芹は1番でセカンドをピンに絡めて幸先よくバーディを奪うと、「心に余裕が生まれた」と安定したプレーを披露。5番で2つ目のバーディを奪うとパー5すべてでバーディとするなど着実にスコアを伸ばして首位スタートを決めた。
 レギュラーツアーでも活躍してきた井芹は昨年のQTで上位に入ることができず、今季はステップ・アップ・ツアーを主戦場とする。「ラシンク・ニンジニアRKBレディース」11位タイ。「ツインフィールズレディーストーナメント」は3位タイと結果も出ている。28日は自身の誕生日。バースデーウィークにステップ・アップ・ツアー初優勝を狙いにいく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【キム・ハヌルコラム第13回】
テレサ・ルーが史上3人目の3連覇に挑む 先週優勝の鈴木愛ら地元勢にも注目
有村智恵が米撤退を発表 サントリーレディスが日本復帰初戦
【WITB】パット巧者・鈴木愛、陽が落ちるまで練習は日常!調整は“エース+サブ2本”
「トライしないと」全米行きを決めた谷口徹、若手プロに苦言