左から頼清徳・台南市長、陳菊・高雄市長

写真拡大

(台南 25日 中央社)台南市政府は25日、頼清徳・同市長と陳菊・高雄市長が来月10日、熊本を訪問すると発表した。今年4月の熊本地震の義援金として集まった約6200万台湾元(約2億900万円)も寄付する見通し。

日本での滞在は3日間の予定。頼、陳両市長のほか、複数の県議なども同行する。日本では台北駐日経済文化代表処の代表(大使に相当)に内定した謝長廷氏と合流し、蒲島郁夫熊本県知事と大西一史熊本市長を訪問。被災地の視察と被災者の慰問を行うほか、観光地にも足を運び、地震後に落ち込む旅行需要の立て直しを図るとしている。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)