【心理テスト】映画『世界から猫が消えたなら』でみる、あなたのかけがえのないもの

写真拡大

 今上映中の映画『世界から猫が消えたなら』。主人公は30歳の郵便配達員(佐藤健)。ある日突然、余命わずかの宣告を受けてしまいます。そんな彼の前に悪魔があらわれ、「世界から何かひとつ、ものを消すことで、1日の命をあげよう」と言いました。悪魔のささやきに乗せられた彼は、大切なものを次々と消していきます。今回は、この映画にちなんだ心理テストを紹介していきましょう。

【質問】
 あなたがこの世から消してしまいたいものは、以下の中でどれ?

A:お金
B:ゴミ
C:甘い物
D:インターネット

 あなたはどれを選びましたか? ではさっそく結果をみていきましょう。

【診断できること】
「あなたのかけがえのないもの」
 この世から消したいと思うものには、あなたの人生観が反映されます。そこから、あなたのかけがえのないものが何かがわかるのです。

■A:お金……恋人
 この世からお金を消したいと思うあなたは、お金に縛られた殺伐とした日々を嫌う人。そんなあなたのかけがえのないものは、「恋人」です。愛する人さえいれば、それだけで心が潤い、幸せだと感じられるのでしょう。お金をかけたデートなどしなくても、恋人と2人で公園のベンチに座り、美しい木々を眺めながらおしゃべりをしているだけで、とても幸福だと思えるはずです。

■B:ゴミ……仕事
 ゴミをこの世から消してしまいたいと思うあなたは、合理的な考えを持つ人。ゴミは邪魔なものでしかなく、何も生み出すことはありません。そんなあなたのかけがえのないものは、「仕事」です。仕事は多くのものを生み出し、成功すれば富や高い地位を手に入れられます。高級品に囲まれ、おいしいものを食べる生活をしてこそ、あなたの心は満たされるのです。

■C:甘い物……友達
 甘い物がこの世からなくなればいいと思うあなたは、自分に甘く、楽なほうへ流れやすい傾向があるよう。そんなあなたのかけえのないものは、「友達」です。一度友達になったら、その人との親交をずっと大切にします。友達と一緒にいるときがいちばん楽しく、心安らぐので、仕事などをさぼってでも、友達付き合いを優先してしまうのでしょう。

■D:インターネット……家族
 この世からインターネットを消したいと思うあなたは、人との絆を大切にしたい人。気軽に人とつながれるネットでは物足りず、濃密な人付き合いがしたいのでしょう。そんなあなたのかけがえのないものは、「家族」です。家族とはあらゆる話をし、秘密なんてありません。週末には買い物、長期休暇は旅行といった具合に、とても仲がいいのでは? 心の支えである家族さえいれば、ほかには何もいらないようです。

 映画では、主人公が何かを消すと、大切な人たちとの思い出も一緒に消えてしまいます。生き延びるためには仕方がないのですが……果たして彼はどうなっていくのか、ぜひ映画館で確かめてみてくださいね。
(紅たき)