彰化県政府提供

写真拡大

(台北 25日 中央社)彰化県政府は20日、ブドウの里として知られる彰化県大村郷の台湾鉄路大村駅にブドウのイラストや解説文、キャラクター像などを設置した。地域産業をアピールし、知名度を高めたいとしている。

同県農業処の郭至善副処長は、大村駅を訪れる人がブドウの産地だと分かるようになればと期待を寄せる。陳秋蓉県議会議員も行楽客の来訪を呼びかけており、「キャラクター像の前で記念写真を撮って、ブドウを味わって」。

(編集:齊藤啓介)