25日、東京新宿区内にある抗日独立運動家の「殉国の地」近くがごみの山になっているとして韓国人の大学教授が同区に抗議したとの報道に、韓国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、東京新宿区内にある抗日独立運動家の「殉国の地」近くがごみの山になっているとして、韓国人の大学教授が同区に抗議した。

現場は、小さな公園として開放されている余丁町(富久町)児童遊園。戦時中の市ケ谷刑務所跡で、韓国の独立運動家・李奉昌(イ・ボンチャン)が絞首刑に処された地でもある。韓国の広報活動を行う徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は、李奉昌が国のために闘い命を落とした地であることを知らしめるため、韓国語と日本語による案内看板の設置などを目的に先月同地を訪れたのだが、現場を確認し驚いた。公園の一角にある慰霊塔の横が周辺住民のためのごみの集積場となっており、たくさんのごみ袋が積み上げられていたのだ。

徐教授は「近隣の住民すら、公園が過去にどんな場所だったのか、また慰霊塔が誰のための物なのか分かっていないようだ」とし、新宿区にごみ集積場の移動を求めたが、区からは「待つように」との反応だけが返ってきている状況だという。

李奉昌は1932年、昭和天皇に向けて爆弾を投げ大逆罪で逮捕、処刑された人物。韓国では「国に命をささげた義士」として知られる。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「韓国国民や政府がなんとかすべきだ。謝罪すらまともにしてない日本が、独立運動に関する史跡を管理すると思うか?むしろ放置して史跡であることを分からなくさせるはず」
「韓国人がもっと関心を持つべき内容。日本の責任にすべきではない」
「天皇を襲った人物が、日本人の目に良く映るわけがないよ」

「日本人の人格がよく分かる。でも無関心な僕らの過ちでもある」
「それでも、ごみをどこにでも捨てる韓国よりましでは?」
「僕らはこの記事で、(現場写真の)ごみの山がとてもきれいな点に注目すべき」
「むしろ日本がこの場所をこうして保存していることがすごい」

「日本にどうこう言う前に、韓国で放置されている史跡をちゃんと管理してくれ」
「ここは李奉昌義士だけのための慰霊の場所じゃないし、日本からしたら彼もただの罪人にすぎない」
「日本人が韓国の義人を慰霊することはなさそうだから、慰霊碑を韓国に持って来たら駄目かな?」(翻訳・編集/吉金)