写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは5月25日、Fireboxシリーズのオペレーティングシステムの最新版「Fireware 11.11」、ネットワークデータのリアルタイム可視化/レポーティングツールの最新版「WatchGuard Dimension 2.1」のリリースを発表した。

「Fireware 11.11」では、社内ネットワークデバイスのリスク把握、ボットネット検出、モバイルセキュリティが強化されている。

具体的には、サブスクリプションサービスとして、ネットワーク全体をスキャンし、すべての接続デバイスに関するビジュアルマップを即時に生成することで、ネットワーク上の資産全般の総合的な可視化機能を提供する。認証デバイス以外のデバイスの有無を監視し、オープンポートの検出や稼働状態のプロトコルを特定する。

また、RED(Reputation Enabled Defense)サービスと連携して、感染クライアントをリアルタイムで可視化し、C&C(Command & Control)通信を即時に遮断するほか、サブスクリプションサービスとして、ネットワークに接続されたモバイルデバイスを特定・検査するためのネットワーク接続デバイスの可視化機能を提供する。

「Dimension 2.1」では、レポーティングのインタフェースとして、Fireboxによりスキャンされた内容、および防御された攻撃やマルウェアに関する統計データを含め、パフォーマンスの総合サマリーを提供する。

また、新たなレポート機能として、ポリシーの適用頻度に関する情報を提供する。これによりIT部門は、常に最適なファイアウォールポリシーを維持し、不要または未適用のポリシーを排除することができる。

そのほか、エンドユーザーの情報を匿名化する機能が提供され、エンドユーザーのGDPR(一般データ保護規則)のフレームワークなど、データプライバシー規制に対する準拠を実現する。

(辻)