「松本零士展 - 夢の彼方へ -」茨城・しもだて美術館で - 直筆原稿など300点、プラネタリウムも

写真拡大

「松本零士展 - 夢の彼方へ -」が茨城県のしもだて美術館で開催される。期間は2016年5月21日(土)から7月10日(日)まで。

[ この記事の画像をもっと見る ]

松本零士は、『銀河鉄道 999』や『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』等、SF漫画の不朽の名作を生んだ、「漫画界のレジェンド」とも称される巨匠。また、70年代以降には、アニメーション制作にも積極的に取り組み、子供たちだけでなく、大人も共感できる新しい表現手段のひとつとしてアニメーションを位置付け、現在の日本アニメの礎を築いた1人でもある。今回は、彼の直筆原稿を中心に資料も含めた約300点の作品を展覧する。

また、SLの走る街として有名な筑西ならではの関連イベントや、作家本人によるトークショーとサイン会も予定。加えて会場内に大きな円形ドームを設置して、プラネタリウムを楽しめる企画も開催される。

壮大な世界観、宇宙観、そしてどこかしら懐かしさを覚える日本人的抒情性。松本の漫画・アニメの世界観にどっぷりと浸かれる展覧会になりそうだ。

【展覧会概要】
「松本零士展 - 夢の彼方へ -」
期間:2016年5月21日(土)〜7月10日(日)
会場:しもだて美術館 展示室IV・III・II(映像上映)
住所:茨城県筑西市丙372
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
料金:一般 700円、団体(10人以上) 600円、高校生以下無料
※会期中は板谷波山記念館も観覧可能。
※障害者手帳等所持者と付き添い1人は無料。

【イベント情報】
・松本零士による SL もおか号 C1266 出発式
日時:2016年6月12日(日) 10:00〜
会場:真岡線下館駅ホーム
※入場券が必要。

※安全のため係員の指示に従うこと。必要に応じて入場者数を制限する場合もあり。
・松本零士トークショー&サイン会
日時:2016年6月12日(日) 11:30〜
※サイン会は予約制。
※トークショーのみ参加の場合は、展覧会入館券を購入の上、先着50人まで入場可能。
・プラネタリウム上映会
日時:2016年6月19日(日) 11:00〜16:00 上映時間1回20分、計8回予定
会場:アルテリオ 1階集会室
対象:誰でも参加可能
人数:1回につき30人程度(未就学児は必ず保護者同伴)
料金:無料 ※10:00〜入場券配布
その他:座布団を持参すること

【問い合わせ先】
しもだて美術館
TEL:0296-23-1601

©松本零士