写真提供:マイナビニュース

写真拡大

大日本印刷(以下:DNP)、日東光学、ライトダ、ジェイ・キャストの4社は、均一でムラがなく人の目にも優しい光を照射する薄型のLED発光パネル「Lightface」の企画、製造、販売の提携について合意したと発表した。

Lightfaceは、従来の発光パネルでLED光源の配置・封止用に使っていたフレームが無い構造にすることで、パネルの側面を含む全体が発光。表面輝度の均一精度は高く(90%以上)、パネル表面の各部分をさまざまな角度から見ても、均一でムラのない高密度な光を実現した。また、アーティスト戸田正寿氏の開発・監修による、美術的・デザイン的に優れた、意匠性の高い発光パネルとなっている。

Lightfaceは、新開発のLEDと光の散乱理論を応用した高効率導光板技術を採用。厚さ11ミリの薄い板状で、額縁状の枠(フレーム)がなく、表面全体が発光する次世代LED発光パネル。光の性質は太陽光に近いことから人の目に優しく、従来のLED発光パネルと比較して光を均一にムラなく発光するという。

価格(税別)は、1枚10万円(300mm×600mmサイズ)。今後4社は共同で商品の企画を行い、ライトダがプロダクトデザイン、ジェイ・キャストがマーケティングと広報・宣伝、日東光学が製造と技術開発、DNPがマーケティングと販売を行う。

今後4社は、薄型・軽量でフレームが不要なLightfaceの特長を活かして、自動車・航空機・列車等の交通機関の室内照明器具として、またパネルの表面に着色などのデザインを施すことで、高意匠な空間を演出するホテルなどの商業施設や文化的施設などのインテリア・照明機器として、企業や法人向けに販売を開始するという。

DNPは、商業施設や文化施設、企業空間などの企画、設計、建設などに関わる企業や、自動車、航空機、列車などのメーカーを中心に同製品を販売し、表面の印刷や企画・マーケティングなどの関連受注も含め3年間の累計で100億円の売上を目指す。

(丸山篤)