写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは現地時間の24日、アキュラブランドの新型「NSX」北米仕様車の量産第1号車をラインオフし、オーナーへ納車したと発表した。

第1号車のオーナーは、2016年1月に行われたカー・コレクター向けオークションサイト「Barrett-Jackson」のチャリティーオークションにて、120万USドルでその権利を落札したリック・ヘンドリック氏。落札金額は米国の2つのチャリティー団体に寄付された。

新型「NSX」の量産は、専用工場として設立されたオハイオ州メアリズビルの「パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター(PMC)」で行われ、北米仕様車を皮切りに、各地域向けの生産も順次開始される。

PMCの「NSX」生産プロジェクトリーダーであるクレメント・ズソーザ氏は、「NSXのデザインや生産においては、熟練したスキルを持つエキスパートたちが集まり、高いクラフトマンシップによる大きなイノベーションを実現しています」とコメント。アメリカン・ホンダモーター副社長でアキュラ担当役員のジョン・イケダ氏は、「新型NSXはアキュラのDNAをまさに体現するモデルです。この夢の商品を他のお客様にも早くお届けしたいと思っており、これを契機として今後もさらにAcuraを発展させていきます」と述べた。

(木下健児)