写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京・台場の屋内型テーマパーク・東京ジョイポリスに7月1日から、世界初となる音ゲー(リズムゲーム)搭載コースターなど、3種類の新アトラクションが順次オープンする。

新アトラクションは、東京ジョイポリスオープン20周年を記念したプロジェクト「ジョイポリス20の挑戦」の一環として誕生する。

「撃音 ライブ コースター」(7月12日オープン)は、ゲームとジェットコースターを組み合わせ、光のあふれる演出空間と融合させた最新の絶叫系アトラクション。自分で操作する音ゲーを搭載したコースターアトラクションは世界初となる。前半では、流れる音楽のリズムに合わせて音を打ち放つゲームに挑戦し、後半はライドが一気に加速し、最後のライブステージへ突入。オープン記念として、デビュー20周年を迎えるT.M.Revolutionとのコラボレーションを実施し、楽曲を楽しみながらゲームすることができる。

「ジョイポリすごろく with あんさんぶるスターズ!」(7月1日オープン)は、アニメ化も決定したアイドル育成ソーシャルゲーム「あんさんぶるスターズ!」のアイドルたちと館内を進む回遊型すごろくアトラクション。端末を使って共に館内を巡るキャラクター(ユニット)を決定し、端末上でダイスを転がして館内各所に設定された"マス"を進んでポイントを集めていき、高得点になると各ユニットの同アトラクション限定プロモーションビデオを見ることができる。「あんさんぶるスターズ!」のアトラクションは国内初登場となる。

そして、最新のリアル宝探しアトラクション「捜索不能 〜地下室に眠る光の宝玉〜」(7月12日オープン)では、参加者はさまざまな仕掛けが待ち受ける部屋で制限時間内にすべての仕掛けを突破し、隠された宝物を見つけ出して部屋から出るというミッションに挑戦。古代国家の宝「光の宝玉」を捜索するため、頭と体を使ってカラクリを解き明かす。

(C)2014 Happy Elements K.K