写真提供:マイナビニュース

写真拡大

システム運用監視やセキュリティやデータセンターやプライベートクラウドにネットワークスサービスと広くITシステムの運用サービスを提供しているエヌシーアイが、新たな運用監視サービスを提供する。

同社は1999年よりシステムマネジメントサービスを行う企業。日商エレクトロニクスのグループ会社として、長年にわたり運用・監視サービスを提供してきた経験があり、これまでに5,000ノード以上のシステム運用実績を持つ。システム運用・監視、データセンターサービスやセキュリティ、大阪・横浜・石狩の国内拠点で分散運用ができるZETA Cloudなど広くITインフラとシステム運用を手がける同社が新サービスとなる「ITOA運用監視サービス」を発表した。

今回、同社が提供する新たな「ITOA運用監視サービス」は、単にシステム状況の監視や故障を通知するだけの領域を超えて、パフォーマンスの最大化、安定稼働を導くソリューションとなる。ミッションクリティカルなシステムを24時間監視・分析することにより、定量的なデータに基づく意思決定支援や開発と運用の連携強化(DevOps/開発と運用を有機的に連携させる方法論)までITOA(IT Operations Analytics)を提供する。

同社では、ITシステムの運用・監視に対するビジネスニーズの広がりや多様化を新サービスの背景に挙げており、企業のIT部門はシステムの管理・運用にとどまらずビジネスへの戦略的な役割が期待されている、としている。米国をはじめ海外の市場では、24時間365日無停止で大量のオンライントランザクション処理を行う企業で導入が進んでいる分野で、日本でも今後導入が広がるとみられる。

(長岡弥太郎)