写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは23日、「C4 ピカソ」(5シーター / 7シーター)の特別仕様車「C4 ピカソエクスクルーシブ プラス」を発売した。電動テールゲートやナビゲーションなどの特別装備を追加している。

「C4 ピカソ」は、シトロエンを代表する人気モデルで、2014年10月に新デザインとパワートレインを装備してフルモデルチェンジされた。独創的なスタイリングと機能に加え、シトロエンスカイに象徴されるクラス最大級のパノラミックガラスルーフが大きな特徴となっている。

今回登場した特別仕様車は、その名の通り、上級グレードの「エクスクルーシブ」をベースに特別装備がプラスされている。追加装備された電動式のテールゲートはキーレスエントリーと連動し、荷物を持ったままでもワンタッチで荷室の開閉が可能。専用ナビゲーションシステムも標準装備した。5シーターの「C4 ピカソ」は17インチアルミホイールにアップグレードしている。

価格は、5シーターのファブリック仕様が364万1,000円、ナッパレザー仕様が400万1,000円、7シーターのファブリック仕様が385万6,000円、ナッパレザー仕様が425万6,000円(すべて税込)。いずれも30万円相当の装備を追加しながら、価格は据置きとされている。

(山津正明)