人工知能が音楽を奏でる動画:グーグルの新プロジェクト「Magenta」

写真拡大

グーグルは6月はじめ、人工知能が音楽や絵画などの芸術をつくり出せるかどうかを追究するプロジェクト「Magenta」をスタートさせる。

グーグルは6月はじめ、コンピューターがアートをつくり出せるかどうかを追究するプロジェクト「Magenta」を開始する。

「人工知能が音楽を奏でる動画:グーグルの新プロジェクト「Magenta」」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルの研究者ダグラス・エックは、5月19〜22日(米国時間)にノースカロライナ州ダーラムで開催された「Moogfest」で、このプロジェクトについて説明した。

Magentaは、グーグルのディープラーニング研究プロジェクト「Google Brain」の一部だ。

このプロジェクトを立ち上げた理由のひとつは、絵のなかからパターンを検索するトレーニングを受けた人工知能(AI)、「DeepDream」(日本語版記事)からインスピレーションを得たことだとエック氏は話している。

『Popular Science』の記事によれば、最初は音楽、その後はヴィジュアルアートや動画を作成するアルゴリズムを開発する計画だという。一般の人が作品を視聴して評価するアプリも開発されるかもしれない。

冒頭の動画は、Magendaチームのひとりアダム・ロバーツが、現在開発中の音楽作成アルゴリズムを紹介するものだ。人間がいくつかの音を聞かせると、AIがそれに基づいてより完成されたメロディをつくるという。

RELATED

Magentaプロジェクトの結果は、グーグルが提供する機械学習のオープンソース・プログラム「TensorFlow」で見ることができる。プロジェクトを公開することにより、ほかの人々もシステムの改良に参加してほしいとエック氏は考えている。

なお、ヴィジュアルアートをつくり出すアルゴリズムはすでに存在する。2015年にはドイツの研究者グループが、任意の写真を、絵画の巨匠たちが描いたようなスタイルに変換できる「畳み込みニューラルネットワーク」を作成した(日本語版記事)。

英国のアーティスト、ダン・タッパーも、複数のアルゴリズムを利用して、画像を抽象芸術に変換している。