写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月1日、ピュア・スポーツカー「Fタイプ」の2017年モデルの最上級グレード「Fタイプ SVR」を全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注開始する。

「SVR」は、ジャガー・ランドローバーが誇るスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけるハイパフォーマンス・モデルに使用される名称。ランドローバーブランドでは、すでに「レンジローバー スポーツ SVR」が導入されており、今回はジャガーブランドとして初の「SVR」モデル登場となる。

パワートレーンはオールアルミニウム製で最高出力575PS、最大トルク700Nmを発生する5.0リットルV8スーパーチャージドエンジンと、8速オートマチックトランスミッション、トルク・オンデマンドの全輪駆動を組み合わせた。0-100km/h加速は3.7秒で、最高速度(リミッター作動)は「Fタイプ SVR クーペ」が322km/h、「Fタイプ SVR コンバーチブル」が314km/h。ジャガー史上、最も速くパワフルなモデルとなっている。

エクステリアは大型のフロント・エアインテークや専用設計のスプリッター、幅広く高さのあるエアロダイナミック・ウイングなど、空気抵抗を極限まで抑え、ダウンフォースの増大、効率的なエアフローによる冷却効果を実現。インテリアには、「SVR」バッジを配した専用デザインを多数採用した。価格は「Fタイプ SVR クーペ」が1,779万円、「Fタイプ SVR コンバーチブル」が1,936万円(ともに税込)。

(山津正明)