写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンはこのほど、「ゴルフ GTI クラブスポーツ トラック エディション」の受注を開始した。「ゴルフ GTI」の生誕40周年を記念して導入される特別限定モデル「ゴルフ GTI クラブスポーツ」の第1弾となる。

同限定モデルのパワートレインは、現行「ゴルフ R」の2.0リットルTSIエンジンをベースにさらなる改良を加えた。最高出力は現行「ゴルフ GTI」より45PS高い265PS。アクセルペダルをキックダウンするだけで、最高出力が約10秒間290PSとなるブースト機能も採用している。

エクステリアは、フロントエンドに光沢ブラックに仕上げられエアディフレクターを兼ね備えたフロントバンパーを採用。リヤスポイラーは現行のGTIより大型化し、リヤアクスルのダウンフォースを最適化した。インテリアでは、赤いセンターポジションマークを配したGTIロゴ付アルカンターラ巻き専用ステアリングホイールなどを装備する。

「ゴルフ GTI クラブスポーツ」の第1弾として、「トラック エディション」では専用の19インチアルミホイールとレカロスポーツシートも採用。スポーツ走行をサポートしつつドライバーの高揚感を高める仕様となっている。価格は469万9,000円(税込)で、400台の限定販売。なお、第2弾モデルとして「ストリート エディション」の導入も予定されている。

(山津正明)