お願い…コンタクトは外して!眼科医困惑の「困った患者」6選

写真拡大

花粉症の時期は、眼が痒くて眼科を受診された方々も多かったのではないでしょうか? 花粉もだいぶ落ち着いてきた季節になってきましたが、予期せぬトラブルで眼科を受診する可能性は誰にでもあります。

コンタクトレンズ、慢性疾患(緑内障や糖尿病網膜症など)で定期的に通院されている方々は慣れている検査や診察も、滅多に眼科を受診しない方々にしてみれば「何の検査をされるのか? どんな診察なのか?」と不安に思うことでしょう。

しかし、一方で病院側も“非常識な患者”に悩まされているそうです。確かに、眼科を受診する際に気を付けなければいけないポイントは、意外と知られていないもの。

そこで今回は、眼科検査技師として16年間医療に従事してきた筆者が、眼科受診の際に「困ってしまう患者」と病院から思われないために気を付けたいことと、診察の際に必ず持参してほしいものをご紹介します。

 

■子ども編

(1)飴玉など口の中に入れたまま診察室へ連れてくる

「目を診てもらうのだから飴玉を舐めてても問題ないでしょう?」というお母様。慣れない検査や診察に驚く子どもは多く、びっくりした拍子に喉に詰まらせてしまい思わぬ事故の原因に。

待合室では問題ないですが、呼ばれたら口腔内の飲食物は全て吐き出してから診察室へ入って下さい。

(2)待合室で子どもを泣かせる

泣いてしまうと目が充血したり腫れぼったくなったりします。このことで、泣いたことが原因なのか、結膜炎の初期なのか判断が難しくなります。

万が一、泣いてしまった直後に診察で呼ばれたら「今まで泣いていました」と自己申告して下さい。

(3)視力低下の子どもに、ゲームや本を読ませながら待合室にいる

目を疲れさせてしまうと、視力検査の結果が正しく出ないことがあります。寝かせるか、遠くをぼんやり見つめさせながら会話をして待っていて下さい。

 

■大人編

(1)コンタクトレンズを装用したまま来院

それ自体は問題ありませんが、“1日使い捨てタイプ”で予備を持参していないので外したくない、という方。コンタクトレンズを装用したままでは検査も診察も行えません。予備のコンタクトレンズ、または眼鏡を必ず持参しましょう!

ちなみに、コンタクトレンズ定期検診は装用したまま診察を行うので問題ありません。

(2)アイシャドウ、つけまつげ等のアイメイクをばっちりして来院

お化粧を取りたくない気持ちは分かりますが、アイシャドウを塗った状態で「まぶたが腫れた」と訴えられても判断が難しいです。また、つけまつげを外したくないと言われてもまつげが長すぎて検査や診察が困難になります。

せめて目の周りのお化粧はせず、来院して下さい。

(3)帽子を絶対に外したがらない

検査器具も、診察台も額をピッタリ押し付けなくてはいけません。ですので、診察の間だけでも帽子は取りましょう。

(4)時間がないから早く済ませてほしいと受付に訴えてくる

例えば、網膜剥離など“失明に繋がる緊急性”もある“飛蚊症”。

「とくに飛蚊症を調べてほしいが、この後に予定があるので早く終わらせて欲しい」という患者は、どこの眼科スタッフでも怒りさえ感じるほど腹が立ってしまうものなのです。

飛蚊症の原因を見つけるための検査と診察には、最短でも1時間はかかります。

そして検査用点眼剤を使用するため、その薬の効力で眼鏡やコンタクトレンズを装用してもピントが合わずに見え方がぼんやりします。個人差はありますが3時間〜長い方で丸1日その状態が続くため車の運転は禁止です。普通に歩くのも段差などが恐くて困難、という方もいます。

つまり、検査と診察だけではなく、検査用点眼薬の効果が薄れるまで仕事や家事も困難になるので総合的に丸1日潰れる状態となります。

病院側も全力でやっているはず! ゆっくりやっている訳ではありません。

 

■大人、子どもともに持参して欲しいもの

(1)保険証

意外に多いのが「保険証を忘れたから、明日持ってくるので保険診療で診て欲しい」という方々。保険証はその場で提示しないと全額自費になりますので保険診療は致しかねます。

緊急時は全額自費で受診後、同月内に保険証を持参すれば差額の返金をしてくれます。

(2)お薬手帳

目薬や眼軟膏だから大丈夫、と軽く考えてしまう方々が多いのですが目薬でも薬品アレルギー反応を起こす場合があります。また妊婦や喘息の方には禁忌の目薬もあるので、お薬手帳を忘れた場合は必ず持病、常備薬等を自己申告しましょう。

 

いかがでしたか? 眼科の検査は特殊なものが多く、診察も何を診られているのか分からない時が多々あると思います。説明が不足している医療機関側の責任もありますが、遠慮せず分からないことはスタッフや医師に何でも聞いて下さいね。

(ライター 中根千恵)

 

【関連記事】

※ 心臓医は実践してる!日本人の死因2位「心疾患」を防ぐマル秘テク5つ

※ 目を傷つけるリスクも…眼科医が指摘する「目薬のNG使用法」4つ

※ コーヒーショップ店員が「すぐにでも出禁にしたい」迷惑な客5パターン

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ これでもう汗に悩まない!? 脇汗が驚くほど止まる「毎朝5秒の習慣」とは

※ 結婚してもずっとキレイ!芸能人のスタイルキープ法とは

※ 「毛穴の黒ずみ」が消える!? 杉本彩もドはまりの●●がすごいクレンジング

 

【姉妹サイト】

※ えっ…意外と簡単!? 「韓国女性のプルツヤ肌」を作る5つの基本

※ ダイエットに効果的!「基礎代謝を上げる」運動と食事で痩せ体質に

 

【画像】

※ Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)