ペプシストロング5.0GV(左)とペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉

写真拡大

「PEPSI(ペプシ)」の主力ブランドとして、1年前に誕生した強カフェインの新シリーズ「ペプシストロング」から16年6月21日、ペプシ史上最強炭酸の有糖コーラ「ペプシストロング5.0GV」と、そのゼロカロリーバージョン「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉」が全国で発売される。

ゼロカロリーバージョン「ペプシストロング5.0GV〈ゼロ〉」も

「5.0GV」の「GV」は「ガスボリューム」のこと。飲料中の炭酸ガスの含有量を表す単位で、標準的には、1リットルの液体に1リットルの炭酸ガスが溶けている場合を1GV という。主な炭酸飲料のGVは、ビールが2.6〜3.0、コーラが3.7〜3.8など。5.0GVはシャンパンと同程度という。

「PEPSI」を販売するサントリー食品インターナショナルによると、コーラをめぐって「近年は『刺激が強く仕事中にストレスを発散する時に飲む』といったお客様の声が高まっている」といい、これを踏まえ昨年展開した強炭酸と強カフェインの 「ペプシストロング」が好評だったことから「今回は、コーラを含む炭酸飲料の刺激を構成する『炭酸』に革新をもたらそうと兆戦」し、両製品の発売にいたった。

「5.0GV」「5.0GV〈ゼロ〉」ともに、強カフェインの設計はそのままに、炭酸に革新をもたらすため、最高ガスボリューム5.0GV(炭酸飲料の製造時の特性上、充填時ガスボリュームは約5.0GV〜4.5GV)に耐えられるボトルを新たに採用することで、従来品を越える高いGVの充填が可能となり「ペプシ史上最強炭酸」を実現。香料の配合も見直すことで、これまでの 「ペプシストロング」を圧倒する、強い刺激と爽快感が楽しめる味わいへと進化したという。