人を許したり、欠点を大目に見たりすることが非常に難しいのは誰しも認めるところだが、中国メディアの中華網はこのほど、日本人はなぜ中国人旅行客の欠点を善意に解釈できるのかという問題を提起、その答えは日本人の哲学観に見出せると論じた。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 人を許したり、欠点を大目に見たりすることが非常に難しいのは誰しも認めるところだが、中国メディアの中華網はこのほど、日本人はなぜ中国人旅行客の欠点を善意に解釈できるのかという問題を提起、その答えは日本人の哲学観に見出せると論じた。

 記事は中国人旅行客の欠点には、トイレに紙を流さずゴミ箱に捨てること、購入前の商品の封を切って箱から中身を取り出し、確認することなどがあると紹介。しかし日本人はこの欠点を文化や生活環境の違いとして受け止めたと記事は説明、「日本人は比較的発展が遅れている国家や地域の人びとを決して差別しない」と称賛した。

 「日本人は」と指摘しているとおり、記事はこの優れた特質が一部の人だけのものではなく、日本人全体の特長であるという見方を示している。そしてこの優れた特質のルーツは日本人の哲学観と言われる「汎神論」にあると指摘。

 ある辞典によれば汎神論とは、万物は神の現れであり万物に神が宿っているとする哲学観だ。トイレにも神様がいるという考えも、こうした哲学観から生じたものだろう。日本人はこうした哲学観に基づいて、すべてのものに「高低貴賤はない」と考えると記事は論じた。

 日本人はすべてのものを「高低貴賤はない」と見なすため、比較的発展が遅れている国家や地域の人びとの行いを蔑視せず、むしろ「その行為にはどんな合理的な理由があるのだろうか」と善意に考えることができる民族だと記事は称賛。そのため中国人旅行客の欠点を文化や生活環境の違いとして受け止めることができるという見方を記事は示した。

 憎しみは憎しみを生むとよく言われるが、親切は伝染するというのも疑いようのない事実だ。記事は欠点を善意に解釈できる並外れた能力が日本人にあると称賛しているが、中国人旅行客に示される理解ある態度が国家間の友好関係に非常に大きな影響を及ぼす可能性があるというのは実に素晴らしいことだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)