24日、安倍晋三首相はカナダのトルドー首相と会談し、南シナ海で中国が強硬な海洋進出を続けていることについて「深刻な懸念」を共有した。資料写真。

写真拡大

2016年5月24日、ロイター通信によると、安倍晋三首相はカナダのトルドー首相と会談し、南シナ海で中国が強硬な海洋進出を続けていることについて「深刻な懸念」を共有した。

主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に先立ち、安倍首相は24日にトルドー首相と首脳会談を行った。会談後の共同記者会見で安倍首相は、中国が南シナ海で大規模な埋め立てや軍事施設の建設などを行っていることについて、日本とカナダが「深刻な懸念を共有」したと語り、ルールに従った自由で安全な海洋を守るために協力することで一致したと述べた。(翻訳・編集/蘆田)