三浦佑之「風土記の世界」 (岩波新書)

写真拡大

岩波新書から『風土記の世界』が出た。著者は立正大学教授の三浦佑之氏。作家の三浦しをんさんの父だ。

これまでにも『古事記を読みなおす』(筑摩新書)、『日本霊異記の世界』(角川学芸出版)など多数の著書がある。古代文学研究ではよく知られた人だが、今回は出版までに12年もかかったという労作だ。

「ヤマトタケル」の意外な姿

三浦さんが岩波書店の編集部から、『風土記の世界』というタイトルで新書を、と要望されたのは2003年の1月のこと。『口語訳 古事記』(文藝春秋)を出した直後だった。岩波書店には名著『古事記の世界』(西郷信綱著、1967年刊)がある。類似のタイトルでの新書出版の誘いに三浦さんは欣喜雀躍した。

ところが「風土記」はなかなかの難物だった。総体を把握できるまでに時間がかかった。貴重な資料でありながら、読むためのテキストも注釈書や解説書・入門書の類も少ない。最初の担当編集者は定年で退職。案件は後任の編集者に引き継がれ2016年4月、ようやく「風土記とはいかなる書物か」という課題が一冊の本にまとまった。

現在、いちおうまとまった形で残る風土記は、常陸、出雲、播磨、豊後、肥前の5か国。なかでも三浦さんが注目するのは「常陸」だ。「倭武天皇」(やまとたけるのすめらみこと)という、日本書紀や古事記には出てこない天皇に関する伝承がある。

「ヤマトタケル」は日本書紀では「日本武尊」(やまとたけるのみこと)、古事記では「倭建命」(やまとたけるのみこと)と表記されるヒーロー。両書では夭折の皇子とされているのに、「常陸」ではなぜか「天皇」なのだ。

消えた「風土記」には何が書かれていたのか

「常陸」に登場する倭武天皇の伝承は十数例。概ね皇后と共に国内を巡幸する話だ。古事記や日本書紀の逸話と関連する話は一つもない。死の影はなく、穏やかな旅が語られている。このズレはなぜなのか。

日本書紀の完成は720年、古事記は712年、風土記は713年に編纂命令が出ており、順次つくられたとされる。風土記の編纂者は、日本書紀や古事記の内容を知らないまま独自の編纂作業をしていた可能性がある。

7世紀初めから8世紀初頭へ、古代日本の律令国家が形を整え、伝承が整理された。そうしたなかで、「皇位継承の順序や継承者の顔ぶれは、変転し揺れ動いた」「常陸国風土記の倭武天皇の伝承は、天皇家の歴史が確定する以前の、『もう一つ』の歴史や系譜を垣間見せている」と三浦さん。「古事記でもなく、ましてや日本書紀でもない伝承や系譜が、実はいくつも存在したのであり、常陸国風土記はその一つにすぎない」と推測する。

そしてこう記している。「現存する風土記が五か国と逸文だけというのは...残念なことである。当時あった六十数か国のうち半分でも風土記が遺っていれば、古代の日本列島は、今とはまったく違う多彩な姿を見せてくれたに違いない」