25日、韓国メディアによると、韓国の人気グループ・スーパージュニアのメンバー・カンインさんが24日、飲酒運転をして事故を起こし、警察に自首していたことが分かった。この報道に、韓国のネットユーザーからは厳しいコメントが相次いだ。資料写真。

写真拡大

2016年5月25日、韓国・MBCによると、7年前に飲酒当て逃げ事故を起こした韓国の人気グループ・スーパージュニア(Super Junior)のメンバー・カンインさんが24日、飲酒運転をして事故を起こし、警察に自首していたことが分かった。

ソウル・江南警察署によると、カンインさんは24日午前2時ごろ、酒に酔って運転し、江南区新沙洞のコンビニ前の街灯に衝突する事故を起こした。コンビニの店員から通報を受けた警察は現場近くの監視カメラを確認したが、ナンバーが映っていなかったため、車の持ち主を特定することができなかった。しかし、事故発生から9時間後の24日午前11時ごろ、カンインさんの所属事務所から事故の知らせが入ったという。

警察に出頭したカンインさんは、「何かにぶつかった記憶はあるが、道路の境界石だと思った」などと話しているという。また、検査の結果、事故当時のカンインさんの血中アルコール濃度は免許停止レベルの0.05%以上だった。警察は、カンインさんが「街灯に衝突したことを認識した上で逃走したかどうか」について、集中的に捜査を行っている。わざと逃走したことが明らかになった場合、報告義務違反の罪が追加される。

この報道に、韓国のネットユーザーからは厳しいコメントが相次いだ。

「二度とテレビで見たくない」
「いい年して情けない」
「韓流の質を下げるな。酒を飲まないと運転できないのか?」

「飲酒運転を2回したら、一生免許を取得できないようにするべき」
「罰則が甘過ぎるからだ」
「強制的に芸能界を引退させよう。若者に悪影響を与えることになる」

「バレたのが2回というだけで、実際は何度も繰り返し飲酒運転をしていたのだろう」
「芸能ニュースに出たくて飲酒運転をしたのか?」
「テレビでは“マナーのあるいい男”のイメージで頑張っていたのに!本当に残念」(翻訳・編集/堂本)