夏のメイク崩れは大問題です!

蒸し暑い日が続き、そろそろメイク崩れが気になる季節ですね。「朝、丁寧にメイクをしたのに、会社に着く頃にはドロドロに崩れていた……」そんなひどいメイク崩れにお悩みの方も、少なくないのでは?

※日本化粧品検定 2級・3級対策テキスト コスメの教科書 参照

では、そもそもなぜメイクは崩れるのでしょうか? 上のグラフからもわかるように、夏になり気温が上がると皮膚の温度も上がり、皮脂の量が増えます。そうして過剰に分泌された皮脂がメイクアップ料を溶かし、それらが汗で流れることで、メイク崩れが起こります。

逆を言うと、皮膚の温度を下げれば皮脂の量も抑えられます。そのため、夏のメイク崩れを防ぐには
・体の体温を長時間下げ皮脂を抑える
・汗を顔周りにかきにくくする
ことが大切です。今回は、この2つの方法をご紹介しますね。

体の体温を長時間下げる方法

首には太い血管が通っているので、首の後ろを冷やすと全身の体温が下がり、皮脂の過剰な分泌を防ぐことができます。

首を冷やす

出かける前に冷やす!

,出かけ前の準備中、水に浸したコットンやティッシュを冷蔵庫に入れて30秒ほど冷やします。
△修譴鮗鵑慮紊蹐砲弔韻董△修里泙涓箸鮟个襪泙任弔韻討きます。

また、収れん化粧水を持っている人は、水の代わりに収れん化粧水を使用するのもオススメです。
収れん化粧水に含まれているメントールが長時間肌を冷やす効果があるため、水で行なうときよりも長時間体温を下げることができますよ。

汗を顔周りにかきにくくする

体を部分的に圧迫すると、その周辺は汗をかきにくくなります。一方で、他の部分から汗をかきやすくなり、汗の量は一定に保たれます。これを「半側発汗」と呼びます。この原理を利用すれば、顔周辺に汗をかきにくくするようなコントロールができます。

脇の下を押す

圧迫して汗の位置を変える!

 ゞ擦5cmくらい上を手で抑え、刺激を加える。
◆〕泙┐覆ら、両端から中央へ手を移動させる。

体の上半身を圧迫すれば、顔などの汗が減って逆に下半身の汗が増えるのです。

これらのテクニックを使ってメイク崩れを防ぎ、夏で美しいメイクをキープしましょう!

■プロフィール

オフィス美容の賢人 小西さやか

コスメコンシェルジュ。化粧品の研究や開発に携わってきたスペシャリスト。
現在は、一般社団法人日本化粧品検定協会を設立。
代表理事として、美容コラムの執筆、日本流行色の選定、メイクアップトレンドカラー本の監修を行っている。
最新著書「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」が2014年1月17日発売。
可愛くなりたいと頑張る女子こそハマってる!?コスメに関する意外な「勘違い」を一問一答形式で解説します!

「99%のクチコミは間違っている?! 勘違いだらけのコスメ神話」 http://www.amazon.co.jp/dp/493828054X/

小西さやかオフィシャルブログ:http://ameblo.jp/panntyann1/

2014年5月開催「日本化粧品検定」HP:http://www.cosme-ken.org/