携帯電話と脳腫瘍は「無関係」:30年分の調査結果

写真拡大

がんの診断がすべて公式に記録されるオーストラリアのデータから、携帯電話が普及する一方、脳腫瘍の発生率は男性においてわずかに上昇しているものの、女性においては30年にわたり安定していることがわかった。

SLIDE SHOW 「携帯電話と脳腫瘍は「無関係」:30年分の調査結果」の写真・リンク付きの記事はこちら
ideo18

2/8

ideo19

3/8

ideo20

4/8

ideo21

5/8

ideo22

6/8

ideo23

7/8

ideo24

8/8

Prev Next

電磁波を低減するという、IDEOデザインのiPhoneケース。画像ギャラリーは別の日本語版記事より

オーストラリア有数のがん専門医たちによる最新の疫学研究によれば、携帯電話の使用と脳腫瘍の間に因果関係はないという。

シドニー大学スクール・オブ・パブリック・ヘルスで公衆衛生を研究する名誉教授サイモン・チャップマン率いる研究チームは、1982〜2012年にかけてオーストラリアで脳腫瘍と診断された男性1万9,858人および女性1万4,222人に関するデータと、携帯電話が同国に持ち込まれた年である1987年から2012年における同国の携帯電話普及の間の相関を求めた。

オーストラリアは、こうしたデータに関して非常に有益なソースとなりうる。同国では法律によりがんの診断結果がすべて公式に記録されており、全国規模のがん発生率に関するきわめて包括的なデータを提供してくれるからだ。

チャップマン氏と彼の同僚である博士のレイミイー・アジジ、ルオ・チンウエイ、准教授のフレディー・シータスは、この期間における脳腫瘍発生の年齢別および男女別の比率をモデル化した。携帯電話の普及に伴い、「脳腫瘍の年齢調整罹患率(20〜84歳/10万人当たり)は、男性においてごくわずかに上昇しているものの、女性においては30年にわたり安定していることがわかった」とチャップマン氏は『The Conversation』で述べている

さらに、男性における脳腫瘍発生率のわずかな上昇は70歳以上の患者のみに見られ、この傾向は携帯電話がオーストラリアに入ってきた数年前の1982年に始まっているという。この上昇は、がん自体が増加したのではなく、以前は見落とされていたがんの発生を見つける診断技法の進歩に関係しているように思われる、とチャップマン名誉教授は述べている。

RELATED

また研究チームは、携帯電話の使用が、背景発生率(特別な危険要因が存在しない場合の発生率)と比較して脳腫瘍の発生率を50パーセント上昇させると仮定し、もしそれが実際に原因になるのなら見つかるであろう脳腫瘍患者の推定数も計算した。

研究チームは、因果関係の潜在リスクを示す研究に基づき、この上昇率をかなり控えめに見積もった。しかしこの比較からは、数十年前に携帯電話が広く使用されるようになったあとも、がんが増加していることを示す証拠は見つからなかった。

チャップマン氏は次のように述べている。「(携帯電話に関するこの仮説が正しいとする場合に)予想される2012年の診断数は1,866件だったが、実際に記録されている数は1,435件だった」

携帯電話の使用と脳腫瘍に相関性があるかについて着目する研究は、これまでにも繰り返し行われ、相関性はないという結論が導き出されてきた。しかしその一方で、懸念する少数派も活動を続けている(カリフォルニア州バークレー市議会は2015年5月、携帯電話の高周波(RF波)に関する警告を義務づける条例を通過させたが、業界団体のCTIAはこれに反発。連邦地裁に訴えた(日本語版記事)。なお、スマホや携帯の電磁波については「精子数の減少」と相関があるという研究報告もある)。