強い紫外線がビシビシと降り注いでいます。みなさん、紫外線対策は万全でしょうか? 今、「私は日傘をさしているから大丈夫」と思ったそこのあなた! 日傘をさしている割には、うっすらと日焼けし始めていませんか?

ここでは、日傘をさしているのに日焼けしてしまう要注意項目について、お話していきたいと思います。

■1:紫外線カット率に注目

「日傘ならなんでも良い……」この考えは、日焼けの危険性を高める恐れあり。日傘には、“紫外線カット率”の数値があるのです。徹底的に日焼けを避けたい方は、紫外線カット率が高い日傘を選びましょう。近頃では、カット率99%の日傘も販売されているので、店頭でチェックしてみてください。

ただしこの紫外線カット率、寿命は約2年と言われています。買い替えの時期にも気を付けてくださいね。

■2:裏地にも注意

紫外線は、上から降り注ぐだけのものではありません。地面に反射し、照り返しというかたちで顔や体に返ってきます。つまり、日傘の表面だけに紫外線カット加工がされていればOKというわけではないのです。

裏地にも紫外線カット加工がされている日傘を選びましょう。また、裏地が光沢のある色や白っぽい色だと、照り返しによる紫外線を集めやすくなります。黒や紺色のような暗い色のものを選ぶことをオススメします。

■3:日傘だけに頼らない

どんなに良い日傘を使っていても、それだけでは紫外線をカットしきれません。

日焼け止めは規定量をしっかりと塗る、紫外線カット加工がされたシャツやカーディガンを羽織る、目からの紫外線の侵入を防ぐためにサングラスを着用するなど、プラスαの対策を取りましょう。

今年の夏こそは白肌を守り抜きたいみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

みるみる素肌が汚くなる…3つの過ち!「クレンジング」勘違い使用法