『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で洋画実写の吹替えに初挑戦する藤原竜也 (C) 2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved

写真拡大

藤原竜也が今夏公開される話題作『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』で、洋画実写映画の吹き替えに初挑戦することがわかった。

『インデペンデンス・デイ』続編の予告解禁。人類に起死回生の策はあるのか?

本作は、 1996年に劇場公開され空前の大ヒットとなった『インデペンデンス・デイ』の続編。前作で人類が恐るべき侵略者であるエイリアンを撃退し、宇宙における独立を高らかに宣言してから20年。奴らがまたやってくる時に備え、人類は地球防衛システムを構築。その備えは完璧のはずだったが、準備をしていたのは人類だけではなかったというストーリー。

藤原が声を演じるのは、リアム・ヘムズワース扮する主人公のパイロット、ジェイク・モリソン役。宇宙やSF好きという知られざる一面を持つ藤原にとって、地球だけでなく宇宙も飛び回る今回のモリソン役はまさに適役だ。

その藤原は今回の起用に「前作の『インデペンデンス・デイ』には、ストーリー・映像ともに、とにかくスケールの大きい、超大作という印象を持っています。エイリアン、巨大な宇宙船、エリア51など僕にとって興味深いものが多く、ドキドキしながら見させてもらったことを覚えています。そうしたこともあり、今回、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』の声優として、このシリーズの世界に入れることを、とても光栄に思いました。今回の映画では、20年の時を経て、さらに進化したエイリアンと人類がどの様な決戦を迎えるのか、一ファンとして楽しみにしています。また、前作にも増した素晴らしい映像になっていることも期待しています」とコメント。

声優挑戦には「誰もが知る超大作の続編ですので、声優として出演させていただくことにプレッシャーは感じていますが、自分の声で作品の名を汚してしまうことのないよう、しっかりと取り組ませてもらいたいと思います」と述べている。

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』は7月9日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
『インデペンデンス・デイ』続編の公開日が決定。最新ポスターも解禁!
[動画]映画『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』予告編
藤原竜也、過去に戻れるならバッグを盗んだやつをとっ捕まえてやりたい!
[動画]藤原竜也が自分のモノマネ!?『MONSTERZ モンスターズ』プロモーションの裏側を大公開!