信州そば(イメージ)/画像提供:大江戸和宴実行委員会

写真拡大

【そばフェス/女子旅プレス】2016年6月16日(木)〜19日(日)、全国の有名そばが一同に集結する日本最大級のイベント「大江戸和宴〜大江戸そば博・大江戸大酒会〜」が東京・代々木公園で開催される。イベント期間中、全国各地の蕎麦処が提供する有名そばと日本酒の詳細が決定した。

【さらに写真を見る】都内初の“そばフェス”、香り高くコシのある新潟韃靼そばや越前そば等メニューラインナップ

♥都内初の“そばフェス”「大江戸和宴〜大江戸そば博・大江戸大酒会〜」


都内で初めて開催される本イベントには、北海道幌加内町、福井県越前、福島県奥会津、長野県信州など日本各地の有数な蕎麦処から、香り高くコシが自慢の蕎麦が集結。

蕎麦の作付面積・収穫量日本一を誇る、北海道・幌加内蕎麦をはじめ、昭和天皇も愛した蕎麦と言われ、大根おろしとともに食す北陸の蕎麦処、福井県・越前蕎麦、香りと弾力が特徴の福島県・会津の磐梯そばのほか、ニラのシャキシャキした歯ごたえが心地よい栃木県のにら蕎麦など、全国から絶品蕎麦20店舗が出店を予定している。

蕎麦は一律1杯700円。子どもから大人まで楽しめるよう、蕎麦打ち体験教室や益子焼体験教室も実施される。

♥そばと一緒に日本酒の様々な味と香りを楽しむ


そして“そばフェス”と同時開催される大江戸大酒会には、国内のみならずニューヨークやパリでも展開する「獺祭」、幻の酒といわれる「十四代」、入手困難な「飛露喜」など、日本各地の酒処から知る人ぞ知る旨い酒や幻の希少銘柄が数多く登場。

さらに、日本酒に馴染みのない若者や女性でも飲みやすい日本酒の梅酒や果実酒、スパークリング酒など約100種類の日本酒が1杯300円〜500円で提供され、そばを食べながら存分に飲み比べを楽しめる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■大江戸和宴〜大江戸そば博・大江戸大酒会〜


日程:2016年6月16日(木)12:00〜21:00
17日(金)11:00〜21:00
18日(土)10:00〜21:00
19日(日)10:00〜20:00
会場:東京都渋谷区代々木神園町2-1代々木公園イベント広場
※雨天決行、荒天中止
※一部のそば店舗はLO19:30を予定

<大江戸そば博・出店・産地一覧>
【北海道:幌加内そば】【福島県:山都そば/磐梯そば】【新潟県:韃靼そば】【栃木県:鹿沼にらそば/日光そば】【東京都:藪そば/江戸そば】【長野県:信州そば】【福井県:越前そば】ほか

<大江戸大酒会・提供銘柄一覧>
【山形県:十四代】【岩手県:タクシードライバー】【宮城県:一ノ蔵】【福島県:飛露喜】
【栃木県:鳳凰美田】【千葉県:一喜】【長野県:真澄】【山口県:獺祭】ほか