郷土料理などを含む、和食のオートメニューを124種類も搭載!

日立アプライアンスは、食材の重さ(容器含む)や温度をはかる独自の「Wスキャン」を活用して、肉や魚の旨み成分を引き出す過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO‐SV3000」を、2016年6月23日に発売する。

「Wスキャン」を活用して、火加減を自動調節する加熱制御によって肉や魚の旨み成分であるイノシン酸やグルタミン酸を引き出すオートメニューを29種類搭載。さらに、冷凍したひき肉や薄切り肉、刺身などの解凍ムラを抑えるほか、ごはんやおかずをラップの有無にかかわらず適温に温めることができるようにした。

煮物や焼き魚、天ぷらのほか、きりたんぽ、深川めし、治部煮などの日本各地で受け継がれている郷土料理などを含む、和食のオートメニューを新たに124種類搭載。また、油で揚げないノンフライや過熱水蒸気で余分な脂と塩分を落とす「ヘルシー」調理や付属のグリル皿を使用してスチームで蒸らしながら焼く「焼き蒸し」調理などができる。

「液晶タッチメニュー」に大きな文字でイラストも表示する「かんたんモード」を新たに採用。遠赤外線で食材の表面をこんがり焼きあげる「大火力平面グリルヒーター」も搭載した。

LED庫内灯や左右側面に明色のシリコン系塗装を採用した「明るい庫内」で、調理中の煮込み具合や焼き色が見やすくしたほか、調理後の汚れもよく見えて落としやすいなど、清掃性にも配慮した。

色は、メタリックレッドとパールホワイト。

同時に、「Wスキャン」を搭載した過熱水蒸気オーブンレンジ「ヘルシーシェフ MRO‐SV2000」を発売。また、「MRO‐SV1000」を7月21日に発売する。

いずれも、オープン価格。