彼の貯金はゼロ、自分ひとりで「結婚資金」を貯めるには?

写真拡大

■今回のお悩み

今回の相談者:れんさん

「今付き合っている彼と結婚したいけれど、相手にまったく貯金がなく、自分が結婚資金を貯めるしかありません。いったいどれくらいのまとまった額が必要なのかを知りたいです」

■結婚資金の相場はいくら?

編集部 今お付き合いしている彼と2〜3年以内に結婚したいれんさん。彼に貯金がまったくないため、結婚資金を自分で出そうと思っているようです。いくら用意すればいいのか知りたいとのことですが、相場はいくらくらいなのでしょうか。

風呂内亜矢(以下、風呂内) 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015」によると、挙式+披露宴・披露パーティ総額の全国平均は352.7万円(招待客人数72.5人)。ただし、結婚式をするとなると、ご祝儀や親からの援助などもありますので、カップルの自己負担額は142.7万円が相場のようです。ちなみに、新婚旅行の平均額は60.6万円となっています。

編集部 けっこうかかるんですね……。

風呂内 もっとも費用がかかるのは、披露宴・披露パーティなんです。挙式のみであれば、29.2万円が平均というデータもありますし、最近は和装やドレスを着て記念撮影をする「フォト婚」も流行っています。フォト婚は、50万円ほどの予算で10枚ほどドレスを着たという話も聞きますので、写真重視派にはおすすめですよ。

編集部 なるほど。工夫次第で、いくらでも結婚費用をおさえることができそうですね。とはいえ、結婚資金=新生活をスタートさせるための資金と考えると、れんさんは実家暮らしですから、結婚式だけではなく、新居への引っ越し代などもかかってきますよね?

風呂内 そうですね。たとえば10万円の家賃の部屋に住むとしたら、賃貸の初期費用や引っ越し代などで40〜50万円程度は見積もっておいたほうがいいでしょう。さらに家具や家電も新たに買いそろえるとなると、プラス50万円ほど用意しておきたいですね。

●結婚時にかかる主な費用

・挙式+披露宴・披露パーティ自己負担額……142.7万円
・新婚旅行……60.6万円
・新生活準備(初期費用+引っ越し代+家具家電代)……100万円

編集部 もしれんさんが挙式+披露宴・披露パーティ、新婚旅行、新生活準備をすべてするとなると、300万円くらいは見積もっておく必要があるわけですね。彼女の場合は、それらの資金を自分ひとりで貯めようと思っているようですが……。結婚資金に関して、男女の分担など一般的な考え方はあるんでしょうか?

★れんさんプロフィール

情報・IT関連企業で、事務系専門職として働く、社会人6年目の27歳。神奈川県在住で、親と同居している。手取り年収約270万円、手取り月収約22万円。給料日に自分で貯蓄用口座に毎月1万5,000円を移しているほか、月額3万5,000円の貯蓄型終身保険に加入している。現在、貯蓄用口座に入っている額は、75万円以上〜100万円未満。5年以上付き合っている彼と2〜3年以内に結婚したいと思っているが、彼に貯蓄がないため、自分で結婚資金を準備する予定。こだわり出費は観劇のチケット代で、給料の半額をつぎこんでしまうこともある。

(ヨダヒロコ/六識)